初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコにヤメ時はあるのか?

ケースバイケースである

パチンコは完全確率方式のため、連チャンが終わったからといって当分当たりが来ないとは限らない。すぐに当たる可能性もあるし、大ハマリに突入することもあります。あえてヤメ時を決めるのなら、回転数がボーダーより下回っているようならその時点でやめるべきだ。ボーダーラインより上であればそのまま閉店まで勝負します。回せば回すほどプラスになるから、回る台で連チャン即ヤメは最も損な打ち方なのです。ただし、持ち玉がなくなって軍資金も底をついたら止めるしかないので、軍資金は10万円ぐらいは用意すべきです。

ただし、閉店まで勝負すると言ってもこれは朝から勝負しているような時です。夕方から来てからでは良い台を確保することはほとんど不可能だし、ハイエナで好調台を確保できたとしても残された時間で勝負するには分があまりにも悪いです。

また、ボーダーを下回る台では即ヤメすべし。その日の運で勝つことはあるかもしれないが、そのような台に座り続けるようではトータルでは絶対にマイナスになります。 午前中は回っていても午後になったら回らなくなってきたなんてこともあるのです。まるで生きてるみたいですが、ストロークの調整である程度対応できるなら継続してもいいが、 それでもダメならキッパリとやめなければならない。なかなかこれができない人が多いのです。回らなくても運良く確変絵柄を引き続け連荘するのなら勝てることもあるのでしょうが、そういうことは少ない。ほとんどが、財布の中身が空っぽになるまでクソ台につぎ込んでしまい、自滅してしまうのです。 波を読めるのであればいいですが、せいぜいデータロボ設置店で出玉を確認するぐらいでしょう。

パチンコのヤメ時については、パチンコ技術の中でも最も厄介なものの一つです。それは人間の欲望とういうものが絡んでくるからです。呑まれたら取り返したい、もうちょっとやればもっと出るかもしれない。台を手放したら誰かにハイエナされて連荘されるかもしれない・・・・

人間というものは常にそう考えてしまいがちです。冷静にパチンコと向き合い、クソ台で短時間という中、トコトン閉店まで勝負するということにならないようにしなければなりまん。

当サイトメインコンテンツ
ギャンブルの還元率ランキング
ギャンブルをやる上で、還元率を把握することは非常に重要。勝ち目のない宝くじやロトばかりやっていてはダメ。
確率収束論
ギャンブルは確率のゲーム。確率の理屈がわかれば、冷静にパチンコなどのギャンブルに向き合うことができます。
パチンコ初心者の打ち方
パチンコ初心者向けにパチンコの打ち方を説明。玉の借り方、確率変動、出玉の交換、景品交換などについてわかりやすく解説しました。
パチンコ店の選び方
パチンコに勝つためにはまずは店選びから。ロケーション、時季、経営形態など様々な角度から優良店を探します。
デジタル機の釘読み羽根物の釘読み
パチンコの釘読みを図解入りで解説しました。 パチンコはいまだに釘読みが重要。初心者の方でも理屈さえ覚えれば後は場数をこなすだけです。
パチンコ軍資金の稼ぎ方
ギャンブルは軍資金がどれだけあるかによって勝ち負けを左右するほど重要です。管理人がやっている稼ぎ方を惜しげもなく公開しています。
ギャンブル運を上げる風水
パチンコで勝つには運も重要。風水やグッズなどをご紹介!今日のギャンブル運占いや吉方位判定ツールもあるよ!
パチンコ景品交換時の端数自動計算ツール
玉数と特殊景品の単位を入力するだけで端数を自動計算できます。景品交換時の便利ツールです。

関連記事

カテゴリー