パチンコにヤメ時はあるのか?

◆ケースバイケースである

パチンコは完全確率方式のため、連チャンが終わったからといって当分当たりが来ないとは限らない。すぐに当たる可能性もあるし、大ハマリに突入することもあります。あえてヤメ時を決めるのなら、回転数がボーダーより下回っているようならその時点でやめるべきだ。ボーダーラインより上であればそのまま閉店まで勝負します。回せば回すほどプラスになるから、回る台で連チャン即ヤメは最も損な打ち方なのです。ただし、持ち玉がなくなって軍資金も底をついたら止めるしかないので、軍資金は10万円ぐらいは用意すべきです。

ただし、閉店まで勝負すると言ってもこれは朝から勝負しているような時です。夕方から来てからでは良い台を確保することはほとんど不可能だし、ハイエナで好調台を確保できたとしても残された時間で勝負するには分があまりにも悪いです。

◆ボーター以下の台は撤退

また、ボーダーを下回る台では即ヤメすべし。その日の運で勝つことはあるかもしれないが、そのような台に座り続けるようではトータルでは絶対にマイナスになります。 午前中は回っていても午後になったら回らなくなってきたなんてこともあるのです。まるで生きてるみたいですが、ストロークの調整である程度対応できるなら継続してもいいが、 それでもダメならキッパリとやめなければならない。

なかなかこれができない人が多いのです。回らなくても運良く確変絵柄を引き続け連荘するのなら勝てることもあるのでしょうが、そういうことは少ない。ほとんどが、財布の中身が空っぽになるまでクソ台につぎ込んでしまい、自滅してしまうのです。 波を読めるのであればいいですが、せいぜいデータロボ設置店で出玉を確認するぐらいでしょう。

◆ヤメ時は難しい

パチンコのヤメ時については、パチンコ技術の中でも最も厄介なものの一つです。それは人間の欲望とういうものが絡んでくるからです。呑まれたら取り返したい、もうちょっとやればもっと出るかもしれない。台を手放したら誰かにハイエナされて連荘されるかもしれない・・・・

人間というものは常にそう考えてしまいがちです。冷静にパチンコと向き合い、クソ台で短時間という中、トコトン閉店まで勝負するということにならないようにしなければなりまん。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー