データロボサイトセブンを使った立ち回りをわかりやすく解説!

データロボサイトセブンを使った立ち回りをご紹介!今やパチンコは情報戦の時代に!パチンコ店の出玉情報がスマホで丸見えになる超便利アプリで効率良く好調台を判別するテクニックを会得しよう。

◆データロボサイトセブンでうまく立ち回る!

現在のパチンコは大当たりの波が大変荒く、メーカー出荷時の状態のままで台を設置して釘調整なんかしなくても勝手に台ごとに出玉のクセがついていってくれます。

これは店側にとっては釘調整をしなくていいので楽なのですが、お客側としては釘読みをする余地がないのでどの台を選んでいいのかわからなくなってしまいます。

私たちパチンコ愛好家はこうした時代の流れに対応していかなければたちまち店側の餌食になってしまいます。

かと言って、店で一台一台データを収集する作業は楽ではありませんし、加盟店に設置してあるデータロボでは他のお客も利用するわけですから独占することもできません。

私自身もデータロボを店舗で使っていましたが、一人で数台から数十台分のデータを独占して閲覧することなんかは絶対できないなと感じました。

しかし、データ解析は多ければ多いほど機能するものなので3~4台程度の比較では意味がありません。

たまに一人でデータロボの解析を長時間している人を見ますが、トラブルの元になるのでほどほどにしておいた方がいいですね。

そこでおすすめするのがデータロボサイトセブンです。これはわずかな月会費で全国の加盟店の大当たりデータが見放題になる優れたアプリです。

スマホや携帯、パソコンからでも利用ができます。

以下でその特徴についてご説明します。

◆データロボサイトセブンなら台の大当たり状況が丸見え!

データロボサイトセブンでは大当たりデータをスマホで分析できる事が最大の強みとなります

店舗にいちいち行って全ての台をチェックするのは嫌がられるし面倒。

それが自宅や外出先でゆっくりスマホを使ってチェックできるので便利なのです。

全国で2000店以上の加盟店があります。全国のパチンコ店の総数からすると決して多いとは言えませんが、効率的に台の大当たり情報をゲットできるメリットは大きいです。

データロボサイトセブンを味方につければ、店選びも釘読みせず手っ取り早く勝ちやすい台にありつけることができるのです

◆データロボサイトセブン最新機種情報

データロボサイトセブンでは最新機種のデータやリーチの信頼度も掲載されており、雑誌を買うことなく台の特性を知ることが可能です。

パチンコ台は入れ替わりが激しいのでリーチの信頼度を簡単にマスターできる情報は是非とも欲しいものです。

データロボサイトセブンの最新機種は以下の通りです。

機種名
1 Pちょいパチ海物語3RA
2 Pぱちんこウルトラ6兄弟K3
3 Pほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司Y3F
4 Pビッグドリーム2GFE
5 Pガラスの仮面ML-K1 / M-K1
6 PA海物語3R2F
7 PF.バイオハザード2Z
8 P春夏秋冬ZB / MA / GLB
9 Pひぐらしのなく頃に〜廻〜AM
10 P蒼穹のファフナー2Y

馴染みのパチンコ店にデータロボが導入されていれば、こうした最新機種のデータから解析するとライバルに先んじてオイシイ思いができるかもしれません。新台はどの店も稼働率を上げようとするからです。

こういうアプリを使わずにデータを収集うするには店に行って、台上部にある液晶のデータを一つ一つチェックする必要があり、大変骨が折れる作業になります。

◆データロボサイトセブンのやり方

ではデータロボのやり方を見ていきましょう。

★都道府県検索

まずはホール検索から都道府県を選択すると、データロボ加盟店が表示されます。

大手チェーン店ではキコーナ、エスパス日拓、マルハン、ミクちゃんガイアなどがあります(全ての店舗があるわけではありません)。

最大手のダイナムがないのは残念なところではありますが、中小のパチンコ店の方が釘が甘く勝負しやすいのが経験上多いので、大手、中小を気にする必要はないかと思います。

★GPS検索

GPS対応端末であればワンクリックで現在地周辺の加盟店を探すことができるので大変便利です。

パチンコ店の公式サイトを見て一つ一つ設置店をチェックする必要がないので効率よく探すことができます。

★機種検索

また、自分が得意としている機種から設置店を調べることもできます。三洋の海物語など自分が普段やっている台から探す方が合理的かもしれません。

ただし、好きでない台や普段やらない台が、データ上、好調のこともあるわけですから、あまり機種にこだわらない方がいいとは思います。

★各種大当たりデータを確認

そして、加盟店右横にある出玉データベスト台機種情報ボタンがあるのでクリックするとそれぞれ見れるようになっています。

★出玉データについて

一番気になるのは出玉データ。これは総スタート数、大当たり回数、大当たり確率などが機種ごとにズラリと表示されます。

各台ごとに総スタート数や大当たり数、確変回数、大当たり確率などが一目瞭然。もはや丸出し状態。

しかも7日前まで表示させることができ、グラフ表示もできますから右肩上がりか右肩下がりかビジュアル的にも一発でわかるようになっています。

これで台の好不調が一目瞭然なのです。私も最初見た時は驚きました。店に行って一台一台チェックするのがバカバカしくなりますから。

グラフを見て右肩下がりの台は避け、右肩上がりぎみの台を選んで勝負すればいいことになります

必ずしも真っすぐな綺麗な線が出るわけではありませんが、ザックリとでも傾向がわかるのではないのでしょうか。

★ベスト台について

ベスト台とはその月の大当たり回数が多い台のランキングといったところ。データ分析力など全く必要とせず一発でわかる優れものですが、会員間での競争率は必然的に高くなる可能性はあります。

★メルマガも登録可能

なお、この店舗画面でメルマガの登録もできるので、新装開店情報や新台入替え情報などをいち早くゲットすることができるのも魅力の一つです。

◆データロボサイトセブンを使っての立ち回り

出玉データは閉店間際が最適

データロボサイトセブンを使っての立ち回りとしては海物語のような人気機種から優先的に過去7日間の大当たり傾向をチェックし(客付きのいい機種は釘を開ける可能性が高いから)、できるだけ右肩上がりの台でなおかつ、大当たり回数が多いものをリストアップする。

出玉データは勝負する前日の閉店間際ぐらいに収集しておけばいいでしょう。夜11時閉店でしたら10時過ぎぐらいに見ておけばいいということです。ギリギリでなくてもいいです。

そして、収集したデータから好調台をいくつかピックアップして翌営業日に確保に全力を挙げましょう。

店に行ったらリストアップした台の釘調整を見て少しでもいい台を絞って勝負するといった感じです。

できれば釘が見れるようになっておくべきです(当サイトのパチンコ釘読み講座もあります)。

なぜなら、データ上、右肩上がりの台はいつ店側に釘を閉められるかわかりません。昨日までは好調だったのに今日は全然回らないなんてこともあり得るからです。いくら確率の波が良くても前日の夜に釘を閉められてチャッカーに玉が入らなければデータの意味は半減してしまうのです。

アプリを使うライバルとの戦い

なお、前述のベスト台ではランキング形式で表示されるので好調台が非常にわかりやすいですが、前述のように会員間での競争率は高くなるでしょう。

このアプリを利用する人が増えれば増えるほど争奪戦になる可能性は当然高くなるわけです。

では、その場合どうするのか。

朝一の場合はこのアプリを使う人使わない人も複数の好調台を仮押さえする人もいるはず。で、勝負する台を一台に絞ることが多いのですが、仮押さえした台を手放した瞬間に台をうまく確保することです。

絶妙なタイミングが求められますが、仮押さえしている台は好調台だったり、釘が開いている可能性があります。

うまく優良台で勝負することができればシメタものです。

ただし、私の予想だとデータロボサイトセブンを使いこんでいる人はまだまだ少ないと思われます。

理由は2つあります。

一つは、大手チェーンにおいてデータロボを採用しているところが少ないからです。独自の解析情報を公開しているところもありますが、それはその店だけの話です。

その点、データロボは加盟店同士の比較ができるのがメリットなんです。一言で言えば、台選びと店選びの両方ができるというわけですね。

もう一つは、人間の金銭感覚ってやつです。パチンコには数万円、時には10万円以上つぎ込む人もいますが、お昼はカップラーメンや牛丼だけっていう金銭感覚です。

人間というのは対象物によって金銭感覚が大きく上下する生き物です。なので一日あたり18円の情報代をケチる人が大勢いるのです。

逆にこうした心理が働くことで競争率が上がりにくいので利用者としては助かるところではあります。

まだまだ会員が少ないうちにこうしたアプリを使うことによって、不調台には絶対に座らず、好調台のみに座るようにすれば爆裂台に巡り合う可能性も高まるでしょう。

会員が激増してしまうと会員間での競争が激しくなるだけでなく、月額料金も上がってしまうことも予想されます。

なお、こうしたアプリを使った場合でも軍資金をきちんと決めてそれ以上は使わないという固い意志は絶対必要であることはお忘れなく!

◆データロボサイトセブン加盟店について

★データロボ加盟店数について

2019年9月現在で、データロボ導入店(加盟店)は2223店になっています。

このアプリの運営であるダイコク電機はデータロボ加盟店を増やすための営業を全国展開していますが、パチンコホールは減ったとは言っても2018年末現在では9000店強ありますので加入率は約25%です。

ない場合は、ホールの店長に「データロボないんですか?」って直談判するのが一番いいらしいようです。

★マルハンなどの大手パチンコ店のデータロボ加盟状況

前述しましたが、大手パチンコ店の加入状況ついてですが、マルハンで33店、ガイアで6店となっています(2019年5月現在)。私が見たところ、大手パチンコ店の加入率はそれほど高くないと思います。

中小規模のパチンコ店が大手に対抗するためにこのようなシステムを導入していると言えるかもしれません。

逆に言えば、生き残りをかけて大手チェーンに対抗する中小店のデータロボ加盟店で勝負するのがいいのではないのでしょうか。

◆データロボサイトセブンは月額料金は550円!

これだけの機能がありながらデータロボサイトセブンの月会費たったの550円(スマホ版)。

日に換算するとたった18円!!ということになります。

パチンコで一日に数十万円負けることもあることを考えると、驚異的なコストパフォーマンスと言えるでしょう。

データロボ導入店であれば店舗で無料でできるわけですが、他の利用者が独占しているようなことも多く、月550円でどこでも見放題ならば安いと思います。

パチンコで負けが多く勝率を上げたい方は、釘読みと合わせてデータ分析力を味方につけることで勝率アップが期待できます。

◆データロボサイトセブンにクレジットカード払いはできる?

スマホの場合はキャリア決済のみとなります(ドコモ、au、ソフトバンク)。キャリア決済は、お支払いの際にクレジットカード情報の入力を必要としないため、クレジットカードをお持ちでない方や、インターネット上でのクレジットカード決済に不安な方もご利用いただけます。

結論としては、キャリア決済の引き落とし先にクレジットカードを指定してあればクレジットカード払いが可能ということになります。

◆データロボサイトセブンは無料お試し期間あり!

なお、10日間の無料お試し期間がありますのでその充実した機能を試してから、本登録することができます。

無料お試し期間が10日間もあるというのはかなり太っ腹です。できるだけこの10日間は毎日パチンコに行きたい(^^)/

仕事が遅いと無理ですが、定時近くで上がれるのであればパチンコ屋は11時付近まで営業するので勝負できます。

通常は夜からの勝負はおすすめしないのですが、データロボサイトセブンで選別した台に空きがあれば勝負するべきです。

さらに日替わりで無料公開ホールも公開されています。1店舗だけではあるのですが、会員になる必要がなくすぐに見れるのでどのようなアプリかを品定めするには最適なサービスです。

見れる内容は、総スタート数、大当たり回数、大当たり確率、レンジの4つとなっています。また、過去一週間のデータも見ることができます。

これらは数値だけでなく、グラフ化されているので台ごとの好不調が一目瞭然です。

特にオススメは8日間出玉推移グラフです。一日のスパンで見るよりもこうした一定期間の出玉推移を見る方が台の調子を把握しやすいです。

もし、無料公開ホールがあなたの地元にある店であれば、是非店舗で試してください。

◆データロボサイトセブンの解約

データロボサイトセブンは月額550円ですが(スマホ)、継続する意思がない場合は無料お試し期間内に解約すれば翌月以降課金されることはありません(自動的に有料会員にはなりません)。

◆データロボサイトセブンで勝てるのか?

実際のところ、データロボサイトセブンを利用して大当たりデータを効率的に収集できることはわかったけど、パチンコに勝つことができるか?ここが一番気になるところではないのでしょうか。

この点、正直に申し上げるとこのアプリを使ってパチンコで毎回勝利することは不可能です。もし、そんなことが出来てしまえばパチンコ店はすぐに潰れてしまうでしょう。

ただし、お宝台と言われる確率の波が上昇気流の台を捕まえられる確率はアップします。逆にいくら釘が良くても全然大当たりが来ないクソ台に座る確率は減少することでしょう。

データロボサイトセブンを使う上で大事なことは以下の2点です。

・好調台だからと言って当たるまで投資しない(軍資金を守る)

・好調台を確保できなければ諦めて帰る

この2点がすごく重要なんです。

よく、釘が良い台だから絶対に出るだろうと勝手に決めつけて軍資金を大幅にオーバーしても打ち込む人がいますが、出ない台は釘が良くても出ません。

このことがデータロボを使った立ち回りでも言えます。

また、データロボで解析したが、好調台がなかった、あるいは他人に取られていたという場合に妥協して他の台に座っては絶対にダメです。

台選びではどうしても妥協してしまいがちですが、心を鬼にして臨む必要があることを忘れてはいけません。

以上の2点を守れば、野球で言えば3割バッターとなり強打者となります。つまり、三振することもあるけれど、長い目で見ればプラスになるのです。

◆ホールによるデータロボのデータ改ざん疑惑

データロボによって出玉情報を公開しているお店は基本的には良心的と言えるかもしれません。

データロボの出玉情報はホールコンピュータ(ホルコン)とリンクさせる形になっているのではないかと思われますが、何等かの形でホルコンからのデータ情報を改ざんしてデータロボに送ることはコンピュータである以上、技術的には可能だと思われます。

そんな時は、パチンコ台上部にあるデータ情報の大当たり回数とデータロボの大当たり回数などを照らし合わせてみると良いです。

もしも整合性がないのならば改ざんしている可能性がありますので、そのような店では一切打たないように。

ただ、今はSNSなどが発達している世の中なので、データ改ざんが明るみになれば店の評判は地に落ち、客離れが一気に加速するものと思われるので、改ざんの可能性は高くはないような気もします。

◆データロボサイトセブンはこんな方におすすめ

以上を踏まえた上、データロボサイトセブンはこんな方におすすめします。

・釘読みや店選びが面倒臭い(出来ない)

・少しでも連荘台(お宝台)にありつきたい

・家でゆっくり優良台を選びたい

・一日につき18円ぐらい払ってもいい

正直言いますとこのような大当たりデータをゲットして使いこなせば真面目にパチンコ台を探すのがバカバカしくなります。一ヶ月タバコ一箱程度の利用料にもかかわらずコスパは非常に高いです。パチンコやスロットでいつも貧乏くじばかり引く方はガシガシ使い倒してお宝台を発掘して頂きたいと思います。

是非一度データロボサイトセブンをご覧になってみてください。

こちらの記事も読まれてます

Pocket

Top