カテゴリー:パチンコ技術-釘読み

パチンコの釘読み講座

パチンコの釘読みについて解説いたします。今すぐ釘読みの実践(図解入りの説明)についてお読みになりたい方は下のメニューからどうぞ。 [quads id=2] ◆近年のパチンコにおける釘読みの比重 まず初めに近年のパチンコにおける釘読みの…

詳細を見る

パチンコにおいて釘読みは比較することでわかる-釘調整の良い台の見抜き方

これからパチンコを始めようとする方にとって、良い釘調整を見ろと言ってもピンとこないと思います。価値のあるものというものはそうでないものと比較することで際立つのです。例えば、有名オーケストラの演奏を聴いても良いのか悪いのかわかりません。しかし…

詳細を見る

最近の釘調整のほとんどは店長や主任クラス

最近のホールの釘調整は釘師がやることが少なくなりましたね。釘師自体が減ってるんでしょうね。ホールの店長や主任クラスが釘調整を行うことがほとんどですが、私に言わせれば超ドヘタですね。楽勝で台の判別が出来ます。昔は、見た目が甘そうでも回してみる…

詳細を見る

釘調整の見抜き方と練習方法

パチンコ店が10店あったら、10店とも釘調整が異なります。まったく同じように見えても微妙に異なります。これは料理の世界でも同じようなことがいえる。同じ素材を使って同じ料理方法をしたとしても、調理した人によって味が違う。パチンコ店では、同じ誘…

詳細を見る

ワープルート付近のポイント-デジパチ(セブン機)の釘読み講座

[quads id=2] パチンコ台において、ワープルートとは風車や道釘を経由せず、別の入り口から入って中央ステージ経由でヘソ(チャッカー)に入る仕組みのことです。ワープルートの台は、調整ポイントが絞りやすく、0.25ミリ単位などという微…

詳細を見る

道釘(風車から命釘まで)付近のポイント-デジパチ(セブン機)の釘読み講座

[quads id=2] 寄り釘の下からヘソ釘の手前まで連なる釘を道釘といいます。最近のデジパチは液晶が非常に大型化して、昔の機種と比べるとこの道釘が非常に長いものとなっています。下の図1で確認しておきましょう。図1最近は図よりもさらに道…

詳細を見る

ジャンプ釘付近のポイント-デジパチ(セブン機)の釘読み講座

[quads id=2] ヘソ釘の斜め下方向にあるのがジャンプ釘です。図の通りです。 風車付近から道釘を経由してヘソに入る最後の関門です。ここの釘も結構重要です。ちなみなぜジャンプ釘と言うかというと、このジャンプ釘に当たった玉が跳ね…

詳細を見る

風車付近の落とし穴-デジパチ(セブン機)の釘読み講座

[quads id=2] 風車付近(寄り釘)をもう一つ見ておきましょう。下の図は、左風車付近の図です。右方面がヘソになります。赤い矢印がプラス調整です。こういう調整だと緑の矢印の方に玉が流れやすくなるのは前回お話ししました(図1)。図1注…

詳細を見る

風車付近のポイント-デジパチ(セブン機)の釘読み講座

[quads id=2] ◆風車だけで玉の流れを変えられる 風車は羽根物の方が調整されることが多く、デジタル機ではあまりいじらない店も多いのですが、一応プラス調整も覚えておきましょう。いつか役に立つ時がくるかもしれません。本当は風車の調…

詳細を見る

ヘソ(命釘)付近のポイント-デジパチ(セブン機)の釘読み講座

[quads id=2] ◆ヘソとはどこか まず、念のためヘソの位置を確認しておきましょう。図の中央デジタルの真下にあるところがヘソと呼ばれる中央チャッカー(スタートチャッカー)です。命釘とも呼ばれています。盤面の中央部分やや下あたりに…

詳細を見る

Select language

カテゴリー