パチンコ初心者はボーダーラインを上回る台を打つ

Pocket

◆ボーダーラインの本当の意味

パチンコのおけるボーダーラインとは、1000円でこれだけ回る台を打っていれば長期的な収支がトントンになるというラインです。

つまりボーダーラインぎりぎりの台では勝てないと思ったほうがいいです。トントンなのです。ボーダーラインを大きく上回る台でないと勝つことが難しいと思っておいてください。間違いやすいのでこれは気をつけたほうがいいでしょう。

実は初心者の頃の私がボーダーラインの意味を取り違えていました。ラインギリギリでもOKとしてしまっていたのです。当時は1/200の確率の台で勝負していたのでギリギリでも勝てることはありましたが、今は軍資金切れになる可能性高いです。

スポンサーリンク


◆各機種のボーダーラインは雑誌などに掲載

各機種のボーダーラインはコンビニに売ってるパチンコ雑誌とかに掲載されていますが、雑誌でラインが32回とかだったら40回以上とかぐらいの台を探さなければならないわけです。

繰り返しますが、ボーダーライン付近ぐらいしか回らない台だとトントンか確変とかを運よく引けないと勝てないと思っておいた方がいいでしょう。

◆回転数が下回ってきたら撤退も視野

パチンコを朝から打っていたとして、このボーダーラインを下回ってきたらヤメ時とも言えます。

パチンコ台というもは常に安定した回転数があるわけではなく、回転ムラというものがあります。機種や台によってはそれがさらに顕著になることも多いです。

持ち玉に相当余裕があればラインぎりぎりぐらいでも確変に救われて大丈夫な場合もありますが、基本的に玉は減っていきます。

もちろん、ボーダーラインぎりぎりでも下回っていても運で勝つ場合がありますし、上回っていても負ける日もあります。

しかし、長い目で見ればボーダーラインを大きく上回る台で勝負していかないと収支をプラスにすることが難しくなるのです。

スポンサーリンク


◆間違った成功体験に注意

よく間違いやすいのは、ボーダーラインが下回っている台で打ってしまい確変とかで連荘して勝った場合に、間違った成功体験をつけてしまうことです。

これをやってしまうと、ボーダーラインにあまりこだわない打ち方をしてしまい、近い内に以前勝った分を大きく上回る程の損失を出してしまうことでしょう。

ボーダーラインはパチンコで喰っていくために極めて重要な要素です。初心者の方はこれにこだわって打つようにしてください。

◆落とし穴

最後ですが、ボーダーラインにこだわるあまり、その店の換金率をチェックし忘れるということがあります。

換金率が悪いお店は釘を甘くする傾向があります。せっかく勝っても換金したらたいした金額にならなかったなんてことも良く聞く話です。最近は1円パチンコもかなり導入している店が多いので、あまりにも回る台はその店の換金率に要注意です。

こちらの記事も読まれてます

Pocket