パチンコの軍資金の重要性

Pocket

パチンコなどのギャンブルにとって軍資金がないと話になりません。しかし、少なすぎることはもちろん、多すぎてもダメなのです。

その辺も含めて軍資金の重要性や目安、また稼ぎ方について解説致します。

スポンサーリンク

◆パチンコの平均軍資金も上昇傾向

まず、真っ先にお話ししたいことが、パチンコの平均軍資金が一昔から比べて上昇の一途を辿っているということです。

パチンコ全盛時の90年代は羽根物や1/200の確率のデジタル機がまだまだありました。羽根物であれば釘や寝かせがよければ1万円で稼ぐことも十分できた時代です。

デジタル機も1/200の台で勝負すれば1万円以内に初当たりが引けることもよくあり、連荘すればよっぽど欲をかかなければ数万円は勝てる時代でした。

パチンコ台の高額化

軍資金が多く用意せざるを得ない理由はパチンコ台の高額化です。

やたら豪華仕様(大型液晶化)になってしまったり、芸能人やテレビ番組などとのタイアップにより高額になってしまったのです。

つまり新台の導入が店の経営にとって足かせになっているわけです。かと言って古い台ばかりだと客離れをおこす。

なので渋い釘とか低設定にされてしまうわけです。お客にしわ寄せがくるということなのです。

初当たりが早く引けないとホントに厳しい時代になりました。連荘とかにならないと勝負をひっくり返せなくなり大負け確定ってことにもなる。

ということで、昔に比べて軍資金をより多く用意しないと勝負できなくなってしまったのです。

スポンサーリンク

◆軍資金が少ない場合

続いて軍資金が少ない場合のデメリットからお話しします。

軍資金が少ないということは極論すると毎日100円でパチンコをやるようなものです。

たった100円で大当たりを引くことは極めて確率が低いです。一生に一回か二回あればいい方でしょう。

それよりは毎日100円貯めて、月に一回3000円でやるほうが大当たりを引く勝率が高いのは明らかです。

これはパチンコ含め他のギャンブルでも全く同じことが言えますし、株でも同様のことが言えます。

株で言えば、負けるパターンというのは、ちょっと株価が下がっただけで損するのが恐くて逃げてしまうケースです。株はちょっとぐらい下がっただけで手放しては大きく稼げません。

一方で、利益が出ているのならある程度の期間は保有するぐらいのことが必要なのです。

こうした精神力は軍資金に余裕がないとできないものです。

逆に潤沢なお金があればちょっとぐらい株価が下がっても動じないはずです

パチンコに離しを戻すと、1万円程度の軍資金ではよほど運が良くなければ初当たりを引くことができません。規制によって大当たり確率が下がってきていますし、出玉も減らされる一方だからです。

仕込みだけ終わって軍資金切れで撤退し、その後に誰かにゴッソリ抜かれる可能性もあります(ハイエナ)。

そうなると軍資金が少ないと1円パチンコ(1パチ)や羽根物で勝負せざるを得なくなったりもします。

パチンコ全盛の90年代は羽根物も結構人気があって、店における設置台数も結構あったのですが、今ではかなり少ない。

私は羽根物では釘やネカセが良ければ勝てる自信があったので、羽根物で稼いでからセブン機やCR機で勝負するという鉄壁の勝負ができました。しかし、今はそれが通用しなくなってしまったのです。

パチンコ店の倒産に歯止めがかからない状態なので、羽根物なんてチマチマした利益にならない台なんて置いておいても意味がないのかもしれません。

1円パチンコや羽根物は少ない軍資金で済むかもしれませんが儲けが少ない。一回でも大負けを食らってしまうと積み上げてきた利益も雲散霧消になってしまうのです。

◆軍資金が多い場合

逆に軍資金が多いと精神的余裕につながります。少しぐらいハマっても動じずに継続遊戯ができます。

もちろん予算をオーバーしてまで突っ込めということでは絶対ありません。出ない台は数日経っても大当たりが来ないなんてこともあるのです。

お客側の心理としては突っ込めば大当たりにどんどん近づくと思ってしまいがちですがそうではありません。パチンコは完全確率方式なので、何回抽せんしても大当たり確率は設定どおりの確率です。

なので、軍資金が多くあるからハマリを脱出しようと思って過剰投資することは絶対にやめて下さい。

ちなみに、軍資金はだいたい5万円ぐらいは用意しておきたいところです。もちろん、釘調整がいい台や近日中の大当たりデータを確認して右下がりになっていない台を選ぶことも重要です。

出ない台に有り金全部突っ込むような無謀な事だけはしてはいけません。

スポンサーリンク

◆泡銭で軍資金を補完したい

ほとんどの人がパチンコは働いたお金で勝負していることだと思います。

できる事なら泡銭を作って軍資金の一部にしたいところですね。

1万円の泡銭があったとしましょう。1万円までは負けてもトントンです。つまり損はないわけです。

これがどれだけ精神的な余裕を生むかということです。これが非常に重要なのです。

もし泡銭1万円以内で大当たりが来て、それが連荘したとしましょう。全て儲けです。回る台だったら閉店までトコトン勝負です。上手くいけば10万円以上の大勝になるし、運悪くダメでも出玉が全て呑まれたら撤退すれば痛みはありません。

いつもそのような勝負ができるのが理想ですね。

◆パチンコ軍資金の稼ぎ方

パチンコなどギャンブルはまとまった軍資金が必要なことはお話しした通りです。

その全額までとはいかないですが、少しばかりは足しになる程度のお金を本業以外で稼ぎだすことも決して不可能ではありません。

オープン懸賞などネットを中心に稼ぎだします。バカにする人もいるかもしれないですけど、ゲットしたものをヤフオクとかに出品すると結構なお金になったりすることが少なくないんです。

特にジャニーズ系のクオカードものはヤフオクに出品しても毎回喰いつきがいいです。ウナコーワや森永ジャンボモナカなんかはジャニーズのアイドルが起用されています。そういったものを狙っていく目利きが必要なのです。

クオカードの額面にもよりますが、ジャニーズ系ならば3000円から4000円程度にはなります。ヤフオクに差っ引かれる手数料を考慮しても利益率がかなり高いです。

ただやみくもの懸賞に応募するのではなく、当選数少なすぎないか、オークションで売った時にお金になるのかを考えて応募した方がいいです。というのはいくら豪華景品といっても当選数が100名程度だとかなり分が悪いです。

その点、ジャニーズ系のクオカードの場合は当選数が1000名以上のことが多い上、オークションに出品しても喰いつきが非常にいいのでおすすめなんです。

ちなみに私はオープン懸賞でゲットした景品をヤフオクで売って、その資金の一部でクローズド懸賞の賞品や応募用の切手を買ったりしています。

そうやってわらしべ長者的にジワジワと資金を増やしていくわけです。

懸賞の最大のコツは継続です。誰でも継続できれば稼げます。

詳細についてはパチンコ軍資金の稼ぎ方をご覧ください。

こちらの記事も読まれてます

Pocket

こちらの記事も読まれてます