初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

釘読みの基本-パチンコで勝つために不可欠のテクニックをご紹介!

パチンコの釘読みについて解説いたします。

釘読み

tonkachi釘読みというと古臭いかもしれないが、釘読みはパチンコで勝つ上で最重要なテクニックであり、どんなにパチンコが進化し液晶が発達しても、チャッカーへは釘を経由して入っていく。釘読みはパチンコ上達への技術として避けては通れません

私も昔は釘読みができず、好きな台に座り連荘を夢見て負けっぱなしでした。釘読みというのは極めて高度な技術とか、コンマ何ミリもの調整を見分ける視力が必要であると思っていたのです。

釘読みは簡単

しかし、釘読みは意外と簡単です。釘を読むということは、パチンコ玉の身になって考えればいいだけ。どういうことかというと、物体が何か狭いところをくぐりぬける時は、広い道を好んで通過するのです

下の図1で見てみるとわかりやすいと思うのですが、この図はパチンコ台の釘を上から見たところです。釘は左側に叩かれている状態です。釘をこのように調整すると、玉はAよりもBの方向に流れるようになります。ヘソ(チャッカー)が右方向にあるとしたら、ヘソの方向に流れやすくなるわけですね。

図1

kihon01上の図1は釘を左右に調整することで玉の流れがどうなるかを説明しましたが、次(図2)は釘を上下にすることで玉の流れがどうなるかを説明します。

図2

kihon02図2は、釘を横から見たところです。Aの釘は上に調整、Bの釘は下に調整しています。まず、Aの釘では玉は釘にあたった後に盤面の方向に行き、玉の勢いが殺されます。Bの釘では玉は釘にあたった後、ガラス面の方向に行き、玉が暴れます。ですから、釘を上にすると、玉の勢いが殺され、釘を下にすると玉の勢いが増すのです。

ここで釘読みとは、0.1ミリ単位の釘の動きを読めということではありません。
素人が見ても明らかに動いていると思うぐらいでないと回ってくれません。
なのでちょっと釘のポイントを押さえておくだけで台の良し悪しが大体わかるようになるのです。中央の入賞口真上にあるのがヘソと呼ばれる釘ですが、これは結構誰でも知っているはずですが、その横のジャンプ釘とか寄り釘とか風車とかも重要です。

下のパチンコ台が理想的な釘調整です。ヘソ周辺だけですが、ヘソがガバ開きです。初心者はまずはヘソに重点を置いて見ていきましょう。ヘソ右下にあるのがジャンプ釘と呼ばれる釘で、これが上げ釘でヘソ側に少し向いているのが理想です。ただし、このジャンプ釘が上げすぎると横から来た玉が跳ね返されてしまってヘソに届かなくなるので注意が必要です。台の作りによって例外もあるのですが、基本的にはそのように覚えておいてかまいません。

risou

調整する人は基本的に素人

現在では、新装開店時はメーカーの人が釘を調整しますが、釘師が釘調整を行うことはほとんどなく、ホールの店長や主任クラスが釘を調整します。

こういう人たちはメーカーが行う数日間の釘講座に出て習得するだけです。
もちろん、店によって釘調整の腕に差がありますが、釘をいじるポイントはある程度しぼられてるといえるでしょう。

最近の釘調整は、昔釘師が行っていた時代と異なりかなり下手になっています。腕のある釘師ならば、釘が開いているように見えさせても、実はあまり回らないなんて台を作ることができたようですが、現在のように店長や主任クラスでも腕がなかったりすると、釘をガチガチに閉めてしまって、命釘に玉が引っかかって絶対にチャッカーに入らないなんて台があったりします。このようなクソ台がある店はお客がどんどん逃げていって、潰れるのも時間の問題となるでしょう。

回転ムラは激しい。試し打ちだけではわからない 釘がしっかり読めない人は試し打ちするしかありません。500円か1000円打って回転数をチェックします。
しかし、よく回る台などそうゴロゴロ転がっているわけではないので、いちいち試し打ちしていてはいくらお金があっても足りない。

また、千円で30回も回るので喜んでそのまま打ち続けたら、だんだん回らなくなってきた、などという経験がある人も多いでしょう。回転ムラというのは思ったよりも激しい。特に三共の台はそうで、一箱なくなるまでずっとよく回っていたのに次の一箱はちっとも回らない、なんてことはザラにあります。

さらに、釘がプラス調整でも台にはそれぞれクセというものがあったりします。新しい台と古い台でもクセの差が激しかったりします。なので、試し打ちはプロでも行ってます。

やはり釘なんて見てもわからない、という人へ

結局、釘をキチンと読めないと、回転ムラに翻弄されるばかり。逆に釘が読めれば、最初の千円がたまたまあまり回らなくても「そのうち回るようになる」と思って打ち続ければよい。

しかし、ほとんどの人は「釘なんて見てもわからないぞ」というでしょう。そんなことを言う人に限ってろくすっぽ釘なんて見てません。釘読みは特殊な能力も何もなくてもできます。視力だって悪くても大丈夫。

大事なのは釘を見る姿勢であり、腰を落として何台もマジマジと見ること。上から目線では釘はヘソとか風車ぐらいしかわかりません。恥ずかしがってはいけません。

あとは経験を積めば、どの釘がどれくらい動いていればどれだけ回るのかがわかるようになります。

とは言っても、どの台もどんぐりの背比べといったホールが多いので、初心者はまずは新装開店に行ってみるべきでしょう。
そこで、ヘソ、寄りなどの釘調整を覚えておき、近所に同機種が置いてある釘と比べてみる。これならばどんな釘読み素人でもしっかり違いがわかるハズ。ただ、最近は釘も渋くなる一方なので データロボ設置店であれば各台が好調か不調かをグラフデータを使って判別できるので釘読み技術と併用して勝率を上げたい。

今は釘読み講座もあります

whiteboard_memo_man釘読みは店選びの次に大事なことなので、釘を早く読める能力を磨くことはパチンコで勝つ上で大変重要なことです。
釘読み技術は毎日ホールに行ってれば自然に身につくものだと思っていますが、時間を短縮するためにプロから教わるという方法もあります。

今では考えられないですが、昔、NHKで釘師が運営する学校を放送したことがありました。そこには何台ものパチンコ台が置いてあり、黒板でパチンコの釘読みなどの基本を教えていました。

それを見た私は、絶対にうまくなって稼ぎたいと思いました。連絡先はわかっていたのですが、なかなか連絡が取れませんでしたが、やっとのことで申し込むことができました。確か3日で15万円ぐらいもしたと思います。そこで釘読みの力をマスターしたことで、武器とすることができたのです。その時の詳しいお話はパチプロにパチンコ技術を習うをご覧ください。

当サイトの釘読み講座

当サイトでも釘読みの技術について簡単ではありますが解説しています。できるだけ図を使って解説していますので、初心者~初級者の方には参考になるかと思います。
下のリンクから是非ご覧ください。

デジパチの釘読み|■羽根物の釘読み

当サイトメインコンテンツ
ギャンブルの還元率ランキング
ギャンブルをやる上で、還元率を把握することは非常に重要。勝ち目のない宝くじやロトばかりやっていてはダメ。
確率収束論
ギャンブルは確率のゲーム。確率の理屈がわかれば、冷静にパチンコなどのギャンブルに向き合うことができます。
パチンコ初心者の打ち方
パチンコ初心者向けにパチンコの打ち方を説明。玉の借り方、確率変動、出玉の交換、景品交換などについてわかりやすく解説しました。
パチンコ店の選び方
パチンコに勝つためにはまずは店選びから。ロケーション、時季、経営形態など様々な角度から優良店を探します。
デジタル機の釘読み羽根物の釘読み
パチンコの釘読みを図解入りで解説しました。 パチンコはいまだに釘読みが重要。初心者の方でも理屈さえ覚えれば後は場数をこなすだけです。
パチンコ軍資金の稼ぎ方
ギャンブルは軍資金がどれだけあるかによって勝ち負けを左右するほど重要です。管理人がやっている稼ぎ方を惜しげもなく公開しています。
ギャンブル運を上げる風水
パチンコで勝つには運も重要。風水やグッズなどをご紹介!今日のギャンブル運占いや吉方位判定ツールもあるよ!
パチンコ景品交換時の端数自動計算ツール
玉数と特殊景品の単位を入力するだけで端数を自動計算できます。景品交換時の便利ツールです。

関連記事

カテゴリー