学生のパチンコの打ち方

パチンコ店は18歳以上であれば入れますので、大学生、専門学校生でもOKです。では注意点についてご説明しましょう。

大学生や専門学校生の入学はほとんどが4月です。地方から上京してきて一人暮らしを始めたという人も多いことでしょう。新たな人間関係に刺激を受けるのもこの時期です。パチンコに行こう!と誘われることもあるでしょう。

パチンコ店としては新たな顧客を獲得したいため、学校近くにあるホールは入学シーズンは釘を甘くすることがあります。まずはパチンコでドッサリと景品でも持って帰ってもらってパチンコの味を吸わせるのです。

で、5月の連休以降ぐらいからだんだんと釘を閉めいって回収していくのです。4月があれだけよく出たのに、連休以降は負けることが多くなった、なんてことになるのです。

ですから、4月にあまり勝ったからといって、調子に乗ってやっていると生活費とかなくなってしまいますからこの点注意してください。それから土日や祝日には行かないこと、できるなら早い時間帯からやること。授業をサボって行くのは本末転倒ですが、パチンコは釘が甘い台でできるだけ長く勝負することで利益を出すギャンブルです。夕方から言っても優良台は他の人に取られていたりします。

それからハイエナには十分気をつけて下さい。他人がハマった後に捨てた台を取ることをハイエナと言うのですが、自分は悪気がないのに台を取られたと勘違いされてトラブルになるケースもあります。特に同じ人がハマった台を何回もハイエナしていると顔を覚えられたりします。パチンコ店で揉め事など起こしたら、除籍とかになってしまかもしれませんのでほどほどにやってください。

くれぐれも余裕資金でやったほうがいいです。仕送りのお金をパチンコで倍に増やそうなんて甘い考えを持っていると必ずやられてしまいます。初心者はハネモノがおすすめです。デジパチよりも軍資金が少なくて遊べますから。デジパチだとのめり込んだら10万円損したなんてことはザラです。比較的低リスク、低リターンのハネモノが初心者には向いています。

あと、若い感じだと身分証を求められる場合もありますので、学生証などは常に携帯しておくことですね。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー