初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

初めてのパチンコのやり方(打ち方)-パチンコ初心者はまずこちらから

パチンコ初心者の方にパチンコのやり方(打ち方)をご説明します。

私は何十年もパチンコをやってきましたが、初めてお店に入ったときは非常にドキドキした記憶があります。パチンコの打ち方はだいたいわかってましたが、当たった時とか帰る時はどうしたらいいのだろう、そんな疑問をもっていました。間違ってしまって、店員の人に注意されたらどうしよう・・そんなことを考えたこともありました。

そこで生まれて初めてパチンコはやる方のために基本的な立ち回りについて解説します。ページ下に次ページへのボタンがありますので順を追って読んで頂きたいと思います。

おおまかな流れ

1 パチンコ台を選ぶ

本当はパチンコ店の選び方から身につけるべきなのですが、ここではパチンコ店に入ったところからの立ち回りをご説明します。

入店したら、空席のパチンコ台を選ぶ(他人が押さえている台には座らないこと。確保している人はパチンコ玉、タバコ、ライター、ハンカチ、雨の日は床に傘などを置いていることが多い)。

空き缶が置いてある場合どうするかが迷うところですが、私はやめた方が無難だと思ってます。人によっては空き缶を台取りに使う人もいるからです。

kenka_friendsパチンコにおいては、よく台取りトラブルがあります。これは他人が確保していたのを知らずに打ってしまったり、開店と同時に釘が甘い台(稼げる可能性が大きい)の取り合いなどでよく起こります

なお、パチンコ店に入る際に、年齢確認のために免許証の提示などを求められることは通常ありませんが、年齢よりかなり若く見られる場合はなにか言われたときのために証明できるものを携帯しといたほうがいいかもしれません。私の場合、童顔の友人とパチンコ店に入った時にその友人が店員に入店を断られたことがありました。

次に機種選びが必要です。パチンコには羽根物やデジタルタイプ(デジパチ)のものなどがありますが、はじめての方はデジパチでいいと思います。※デジパチとは絵柄や数字が3つ並ぶと大当りになるタイプのパチンコ台です。

初心者は大当り確率が低くないものがいいでしょう(少しでも当たりやすい確率のものを選ぶ)。P-WORLDの機種インデックスで各メーカーのパチンコ台の大当り確率がわかりますので、それを参考にしてください。
ただし、確率が甘いと出玉が少なくなり、当たっても稼ぎにくくなりますのでその辺は承知しておいたほうがいいでしょう。

機種が決まったら、釘読みです。最近は釘を全く見ないで打つ人が多いようですが、やはり勝つためには釘が良くなくてはダメです。そうでなければ運でしか勝つことができないでしょう。初心者の方はパチンコ台の中央にあるヘソ(命釘)ができるだけ開いている台を狙うのがいいと思います。ただし、初心者の方にヘソとか言ってもあまりわかりにくいと思います。釘読みに関しては当サイトで簡単な釘読み講座を掲載していますので宜しければご覧ください。

lighter_tsukaisuteいい台が複数あるようだったらとりあえず台を確保しましょう。あまり多く確保するのはマナー違反なので3台ぐらいにしておき、なるべく早く1台に絞り、他の確保した台は手放してください。あまり多く確保し、しかも長時間に至った場合は店内アナウンス後に店の人に台を開放され、所有物を一次没収されてしまうこともありますのでご注意ください。逆に誰かが長時間、台を仮押さえ状態しているのならば、店の人に言って開放してもらえることもあります。この際、自分では絶対に行わないでください。トラブルの元になります。

確保にはライターやパチンコ玉を下の受け皿とかに置く方法が一般的です。トレイに置くのだったらパチンコ玉やハンカチなんかを置く人もいます。万が一盗まれてもいいものを置くようにして、車や自宅の鍵なんかは絶対に置かないようにしてください。

2 玉を借りる(現金かカード式)

打つ機種が決まったら、玉を借りる必要があります。お金を出して玉を借りるわけです。買うわけではありません。なので、時間がないので帰ろうとしてパチンコ玉を家に持ち帰って次回来る時に使うということはできません。ただし、貯玉システムを導入している店ならば預けておくことは可能ではあります。

次に、玉を借りるわけですが、台と台の間に玉貸機(別名サンド)が挟まれています。ここに硬貨やお札を入れるわけです。玉貸機にお札を入れる場所がない場合はカード式(プリペイド式のICカード)なので、カードを券売機などで購入しておきます。今はカード式が主流となっています。カードの場合は、ちょっとトイレや休憩に行く時でも必ず一旦抜いて持っておいてください。でないと、誰かに取られてしまいます。そういった犯罪目的の人もいて、パチンコ店内を物色しているのです。

次に実際に玉をパチンコ台の上皿に流す方法ですが、これはタイプが色々あるので少し場合分けします。

■玉貸し機から上皿にノズルが伸びているタイプ

このタイプで注意することは、自分の台の玉貸機にお金やカードを入れることです。つまり隣の人の玉貸機にお金を入れると隣の人のところに玉が流れてしまうのです。

ただ、玉貸機から自分のパチンコ台上皿までにノズルが流れているので、冷静になれば間違えることはないです。よっぽど焦ってない限り。普通は台の左側にあるのでそこにお金やカードを入れればいいのです

■ノズルがないタイプ

ノズルがないタイプだと、お金やカードを入れて、上皿付近に玉貸しボタンがあるはずです。それを押せば玉が上皿に出ます。残高もボタンの横あたりにあると思います。

どちらのタイプも玉は500円単位で出るホールが多いです。

玉貸し機については全店共通しているわけでなく、製造メーカーによって色々なものがあったりするので店によっても違うのです。ここで全てのパターンを解説することができません。

なお、最近はプリペイド式のICカードが増えていて、休憩時に抜き忘れることで盗難にあうケースが多発していますので十分注意してください。

それではパチンコ台の図を見ながら実際のプレイの仕方を見ていきましょう。下のボタンから次ページへお進みください。

navigation_next2
当サイトメインコンテンツ
ギャンブルの還元率ランキング
ギャンブルをやる上で、還元率を把握することは非常に重要。勝ち目のない宝くじやロトばかりやっていてはダメ。
確率収束論
ギャンブルは確率のゲーム。確率の理屈がわかれば、冷静にパチンコなどのギャンブルに向き合うことができます。
パチンコ初心者の打ち方
パチンコ初心者向けにパチンコの打ち方を説明。玉の借り方、確率変動、出玉の交換、景品交換などについてわかりやすく解説しました。
パチンコ店の選び方
パチンコに勝つためにはまずは店選びから。ロケーション、時季、経営形態など様々な角度から優良店を探します。
デジタル機の釘読み羽根物の釘読み
パチンコの釘読みを図解入りで解説しました。 パチンコはいまだに釘読みが重要。初心者の方でも理屈さえ覚えれば後は場数をこなすだけです。
パチンコ軍資金の稼ぎ方
ギャンブルは軍資金がどれだけあるかによって勝ち負けを左右するほど重要です。管理人がやっている稼ぎ方を惜しげもなく公開しています。
ギャンブル運を上げる風水
パチンコで勝つには運も重要。風水やグッズなどをご紹介!今日のギャンブル運占いや吉方位判定ツールもあるよ!
パチンコ景品交換時の端数自動計算ツール
玉数と特殊景品の単位を入力するだけで端数を自動計算できます。景品交換時の便利ツールです。

関連記事

カテゴリー