パチンコファン感謝デーは勝てるのか?くじ引きで豪華景品が当たるのか?

Pocket

◆ファン感謝デーは本当にとってメリットがあるのか?

大手チェーンを中心に定期的にパチンコファン感謝デーというイベントをやっています。プロ野球のイベントみたいな響きですが、この日はジャンジャン玉が出たり、豪華な景品がもらえたりするのでしょうか?

実はこのパチンコファン感謝デー。かなり評判が悪い。

◆釘がガチガチに閉まっている

出血大サービスと謳っておきながら釘はバッチリしまっている。しかし、感謝デーという言葉が頭にあるため心なしかいつよりも釘が開いているように見えるだけ。妄想以外の何物でもありません。

結局はファン感謝デーにたっぷりとお金をボッタくられてしまうお客が出るわけですね。

ただし、本当に釘を開ける店もあります。でも感謝デーが終わると釘が閉められるのが普通なので、感謝デーの時に大勝したとしてもそれは間違った成功体験です。いつもはこうはうまくいかないと思っておいた方がいいでしょう。

パチンコでまた儲けてやろうと意気込むと回収日にしっかりと回収されて、感謝デーに得た利益など軽く吹っ飛んで損失に転じてしまいますから

◆空くじばかりのくじ引き

一般客がクジを引いても4等や5等ばかり(ティッシュやゴミ袋、ジュースなど)

豪華な景品になると、液晶テレビや電動自転車、ブルーレイプレイヤー、電子レンジ、デジカメ、電動ハブラシセット、ブランド品、お米などがあり、かなり射幸心を煽るものがあります。

パチンコ景品と同じでこうした豪華商品をショーウィンドーやパネルにして見せびらかしている。

なんでもこうした豪華な景品は取引先に当たり券をコッソリ渡しているとかいないとか。一般客がいくらクジを引いてもティッシュやジュースじゃね~

結局、大金投じてパチンコ負けて、しょぼい景品(こうなるとほとんど粗品)をもらって帰ってくるようでは本末転倒。

ま、露店のくじ引きみたいにお金払って数十回、数百回クジ引けるもんでもないから店側がチョンボしようと思えばいくらでもできちゃうわけです。

youtubeでヒカル氏が露店のインチキ暴いたのはセンセーショナルでした。

◆高齢者にウケがいい

こうした景品がもらえるというイベントは特に高齢者にウケがいい。

うちの近くでもパン屋やコンビニが開店となると初日とかに粗品を配ります。粗品なんでたいしたことないのですが、高齢者を中心に行列するんです。これがパチンコ店にも当てはまるワケです。ファン感謝デーという言葉が頭に残り渋い釘でも打つ人が後を絶たない。ホールとしては笑いが止まらないでしょう。

うちの親とかもそうなんですけど、高齢になると損得勘定がかなりできなくなってきてしまうもんなんです

ま、店側にすれば、日頃の感謝と言ってるだけで、出すわけではないというのが本音なのだろう。つまり、粗品だけ持って帰ってね、て感じだと思っておいたほうがいいでしょう。

◆ファン感謝デーの本当の目的は

店はファン感謝デーというイベントを利用してお客に店に来てもらうことを最大の目的としています。

パチンコファンがいったん入店して何も打たずに帰ることをしにくいというのを知っているのです。パチンコ好きでしたら打ちたくなりますよね。

釘が渋ければグッと我慢して1円も使わずに帰るのがベストですが、なかなかそれができない。辛いところです。

◆本当にファンに感謝している店もある

新装開店やファン感謝デーなどのイベントは、店によって当たりハズレがあります。真面目にファン感謝デーをやっているところもあり、高額景品を当てたなんて話も聞きます。

今の時代、お客を裏切るようなことをしようものならネットでその評判は拡散されてお客が来なくなってしまいます。なので下手な事をしてしまえば店にとって命取りともなりかねません。

なんでもそうですが、見極めが必要ということです。

Pocket

こちらの記事もどうぞ

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

Select language

カテゴリー