パチンコ初心者の方に換金方法をご紹介

Pocket

パチンコ初心者向けに換金方法をご紹介いたします。流れさえ掴んでしまえば難しくはありません。

◆パチンコ初心者は換金方法で戸惑う

誰しも初めは初心者です。パチンコを打つことは簡単ですが、換金方法がわからなくてやらないという方もいるかもしれません。

まずはじめに簡単なアニメで景品交換の流れをつかんでください。

前半では一般景品の交換、後半では特殊景品の交換(換金方法)のやり方をご説明します。

◆一般景品交換の流れ(アニメ6コマ)

◆一般景品の交換について

cashier_fastfoodまずは、一般景品と特殊景品の簡単な違いから。一般景品は、タバコや食料品、ブランド品などのモノですね。特殊景品はお金と思ってください。

で、ジェットカウンターでプリントアウトした玉数が表示されたレシートをパチンコ店内にある景品カウンターに持っていき、玉数分の景品(食料品や雑貨、ブランドものなど)をカゴなどに入れてからレシートと一緒に出します。

比較的高価なブランドものの景品は鍵付きのショーウィンドーに、またタバコなんかもカウンターの後ろに陳列されていてお客が直接取れないようになっているので店員に言って出してもらいます。できるだけ端数が残らないように景品を選ぶことがポイントです。

それから念押しですが、出玉(ドル箱)をレジカウンターに直接持っていって「交換お願いします」ってっていうはNGですよ(^^♪。

◆遊戯中の景品交換について

遊戯中にタバコやお菓子、飲み物を欲しいと思った時は出玉の一部でタバコやお菓子を買うことももちろんできます。私もたまに缶コーヒーやチョコレートに交換します。

交換に必要な玉をジェットカウンターに流してレシートを出し、店内のカウンターでタバコやお菓子をもらえばいいわけです。あらかじめ必要な玉数を確認してピッタリになるようにジェットカウンターに投下します。

ジェットカウンター利用時に最低玉数とかありませんので心配しなくて大丈夫です。

実際に出玉の一部でタバコを買う人は良く見かけます。私はタバコ吸わないのでわからないのですが、出玉で交換した方が少し安く買えるのかもしれません。

◆何も言わなければ特殊景品に交換となる

ちなみに何も言わなければ特殊景品(ケースに入った金など)に交換してくれます。特殊景品の最低玉数は店によって異なったりしますが、ドル箱1箱程度あれば特殊景品に交換できるはずです。

お客の多数は特殊景品に交換しますが、パチンコ屋の一般景品コーナーはかなり充実しているところも多く、家電や食料、ブランド品などホントに品ぞろえが充実しているお店も多くなりました。

以上で一般景品交換の説明となります。続いて特殊景品の交換ついてもご覧ください。

◆特殊景品交換の流れ(アニメ11コマ)

次に特殊景品(ケースに入った金など)の換金方法の流れをご説明します。

◆特殊景品の交換について

gold_kinkai_nobebouパチンコをやる方のほとんどがお金に替えます。お金に替えたい時はまずは特殊景品に交換することになります。

なぜ特殊景品に変えてから現金に変えるなんて面倒なことをするのかというと、風営法の関係で店内で直接現金取引することが禁じられているからです。

そこで3点方式といって「パチンコ店」「景品買取業者」「景品問屋」の3つに分けて交換を可能にしているわけです。ちょっと解せないですけど法律の抜け穴をついた方法で警察も黙認しているわけです。

で、特殊景品の場合はレシートをパチンコ店内の景品カウンターの人に渡して特殊景品に交換します。特殊景品に変えることなく店外にある直接景品交換所に行ってレシートを渡したらダメですよ。3点方式なんでね(笑)。

で、レシートを店内のカウンターに出す際、「お金に交換!」とか「特殊景品に交換!」とか言わなくていいです(爆)

特殊景品とか言ったら、店員は知らないフリをすることが多いそうです。

黙って出せば、特殊景品に交換されます。

ただし、特殊景品の最低必要個数をクリアしている場合だけなので100玉とか200玉分のレシート出しても特殊景品には交換してもらえませんからね。

◆特殊景品は金がほとんど

この特殊景品は通常はプラスチックケースに金のチップが入ったもの(下の画像のようなもの)が使われています。

で、今は3種類が主流。東京(TUC加盟店)で言えば、大5500円(金1g)、中1500円(金0.3g)、小1000円(金0.1g)となっています。

gold

地方によっては大と小の2種類とか1種類しかないとかって聞いたことあります。そして、各特殊景品の価値も都道府県とかエリアによって違うんです。全国統一しているわけではありません。

ちなみに昔はなぜかレコードの針とかライターの石とかをケースに入れたものを特殊景品にしていたところもあったんですよ。

レシートを店のカウンターに出すと、この特殊景品を組み合わせたものをもらうわけです(1枚だけのこともありますが)。

◆パチンコ玉の端数について

例えば、東京都内の換金所の場合ですが、これらの換金所は東京ユニオンサーキュレーション(TUC)の経営です(たぶんほとんど)。

それで2013年8月以降、大5500円(金1g)、中1500円(金0.3g)、小1000円(金0.1g)の3種類となっています(それ以前は2種類だった)。

例として、出玉が10550発(等価交換4円)あったとします。

10550発×4円=42200円が利益となるわけです。これを特殊景品に変換すると、

(大5500円×7)+(中1500円×2)=41500円になります。

ここで700円分余りますが、これは一番単位の低い景品1000円でも交換できないので端数分となるわけです。等価交換の店なら一玉4円なので700÷4=175個が端数になります。

この端数175個分を缶コーヒーやヤクルト、チョコレートなどに交換すると無駄にならないということを言いたいわけです

店員が「○○玉分の景品どうぞ」なんて普通は言ってくれます。自分で決めきれないときは「適当にお願いします」って言えば、店員が適当に見繕ってくれます。

◆パチンコ玉の端数を流す店員がいる

ただし、端数があってもお客が何も言わなければ細かい景品はくれないいい加減な店もあります。玉はお金と同じです。それをお客の了解なしに勝手に端数を流すなんてとんでもないことだと思っています。

出した玉は自分のものですのでキチンと景品を自分からもらいましょう。

ちなみに、私の場合は、端数を流すような店員がカウンターにいる時は景品交換せず、違う店員の時に交換したりしています。同じ店でも人によって端数玉の処理の仕方が違うことって結構多いんですよ。

それと端数計算は電卓とか持っているといいです。今はスマホとかについてますのでそれを使ってももちろんOK。

can_coffee端数が出た場合、普通の店員なら、「○×個ありますから、コーヒー2缶どうぞ」とか「30個分ありますからどうぞ」とか言って一般景品がもらえることを教えてくれます。

ただし、端数がすごく少ないと、言ってくれない店員もいますのでこの場合は自分からもらうことを忘れずに(カウンターにミニチョコとか飴とかが置いていることが多い)

ただし、あんまりガメツイと店の人に嫌がられるのでそこそこにしたほうがいいです

一昔前、この金の価格が高騰して、パチンコの換金所でなく金買い取り店に買い取ってもらう人が続出したそうです。その方が圧倒的に買い取り価格が良かったらしいです。

でも、その後対策でパチンコ店は買い取り価格を上げたり、金買い取り店ではパチンコの特殊景品を買い取らないなどの対策がされたそうですが。

◆パチンコ換金所の探し方

話を戻して、換金所の場所がわかなければ店員に聞くか(簡単な案内図を用意している店もある)、交換した人の後ろをついていけばだいたいはわかります

換金所の場所はパチンコ店が入っている建物の通り沿いにあるのもあるし、少し離れた場所にあることもあります。色々です。

ただし、午前中はあまり換金する人は少ないです。なお、最近は特殊景品を強奪するケースが多く発生していますのでくれぐれも注意が必要です。大勝した場合は特に注意するようにしましょう。

言い忘れましたが、他のお客の後ろをついて換金場所を見つける時、くれぐれも勘違いされないように気を付けてくださいね。

ちなみにうちの地元にある昔行っていた小さいパチンコ店の換金所は、一軒家と一軒家の間にある人ひとり通れるかどうかの超狭い隙間を通っていったところにありました。

壁と壁の間と言ってもいいでしょう。その狭い空間を抜けていったところに民家の特設換金所のようなものがあり、そこで換金していました。そこで換金する度に何か後ろめたいことをしているような気持ちになったことを覚えています。

◆景品交換所の場所によっては換金する時間帯を変える

前述のように景品交換所は大通り沿いの目立つところにばかりあるとは限りません。人目につきにくい場所にあることもあるわけです。そうなると怖いのが強奪です。

人目につきにくい場所で交換する場合、もしかしたら明るい時間帯に交換した方がいいかもしれません。ま、白昼でも強奪という話は聞いたことがあるので一概には言えませんが。

場合によってはエリアを変えて、もう少し安全性の高いところにある交換所近くのパチンコ店でやることも検討する必要があるかもしれません。

◆閉店間際は混雑する

それと、客入りの悪い店は別として、閉店間際はカウンターも換金所もすごく混むのが普通です。私の場合はキリのいいところでやめ、少し早めに交換してしまいます。だいたい閉店1時間ぐらい前です。レシートから特殊景品にしてしまえば翌日以降に交換しても、たいていはOK(私は有効期限の表示のある特殊景品を見たことはありません)。ですが、その日に交換しておいたほうがいいと思います。

閉店までやっていると換金に30分以上無駄な時間を費やしてしまうことにもなりますので連荘中とかでなければキリのいいところでやめるのがオススメ。

景品はお金と同じですからもらったらできるだけ早めに交換したほうがいいでしょう。くれぐれもヒッタクリとかにあわれないように。

◆金価格が高騰し・・・

余談ですが、金の価格が高騰した際、景品交換所には持っていかず、金買い取りショップなどに持ち込む人が続出した時期があったそうです。そのほうがお金になったそうです。それで、業界では対策として金の現価よりも高く買い取るようにしたそうです。

こちらの記事も読まれてます

Pocket




Top