初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコで勝つためにはボーダーラインを上回る台を打つ

ボーダーラインとは、1000円でこれだけ回る台を打っていれば長期的な収支がトントンになるというラインです。

つまりボーダーラインぎりぎりの台では勝てないと思ったほうがいいです。トントンなのです。ボーダーラインを大きく上回る台でないと勝つことが難しいと思っておいてください。間違いやすいのでこれは気をつけたほうがいいでしょう。

各機種のボーダーラインはコンビニに売ってるパチンコ雑誌とかに掲載されていますが、雑誌でラインが32回とかだったら40回以上とかぐらいの台を探さなければならないわけです。繰り返しますが、ボーダーライン付近ぐらいしか回らない台だとトントンか確変とかを運よく引けないと勝てないと思っておいた方がいいでしょう。

パチンコを朝から打っていたとして、このボーダーラインを下回ってきたらヤメ時とも言えます。持ち玉に相当余裕があればラインぎりぎりぐらいでも確変に救われて大丈夫な場合もありますが、基本的に玉は減っていきます。

もちろん、ボーダーラインぎりぎりでも下回っていても運で勝つ場合がありますし、上回っていても負ける日もあります。

しかし、長い目で見ればボーダーラインを大きく上回る台で勝負していかないと収支をプラスにすることが難しくなるのです。

よく間違いやすいのは、ボーダーラインが下回っている台で打ってしまい、確変とかで連荘して勝った場合に間違った成功体験をつけてしまうことです。

これをやってしまうと、ボーダーラインにあまりこだわない打ち方をしてしまい、近い内に以前勝った分を大きく上回る程の損失を出してしまうことでしょう。

ボーダーラインはパチンコで喰っていくために極めて重要な要素です。

是非こだわって下さい。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー