風水で金運が上がる方角とは?


吉方位が必ず金運と結びつくわけではありません。吉方位が運気がアップすることはわかっても、金運がアップする方位はさらに絞り込まれます。

そこで金運が上がる方角ということに焦点を当てて、どのような方角なら良いのかをご説明致します。なお、方角は風水盤の日盤を使って判定致します。

風水で金運が上がる方角とは?

ズバリ、風水盤で金運が上がる方角の条件は

1.「七」がある方位か西方位(両方なら尚可)

2.1の条件にあなたの吉方位(最大吉方か大吉方)が重なっていること

※「七」と西方位を両方満たす時は最大チャンスです。

では実際にサンプルを見ながら解説していきます。

七がつく方位と吉方位が重なるパターン

「七」とは七赤金星の七です。これが西方位とともに金運アップの方位とされているのです。パチンコでもラッキーセブンは縁起がいいですからね(^^♪。

上図では南東が金運がつく方位になります。

もっと簡単に言ってしまえば、「七」と緑色の文字(最大吉方や大吉方)が重なっている方角が金運がつく方角ということです。

ただし、本命星が七赤金星の方は「七」がつく方位が吉方位になることはありませんので、その場合は次で説明する西方位と吉方位が重なるパターンを見て下さい。

西方位と吉方位が重なるパターン

これは一番あるパターンです。金運がある西方向と吉方位が重なるのでダブルパワーです。西は風水上金運が良くなるという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「七」と西方位の2つが吉方位と重なるパターン

そうそうあるわけではありませんが、最高のパターンが「七」と西方位の2つが吉方位と重なる日です。

しかも上のパターンでは最大吉方でもあります。

金運のキーワードである「七」と「西」と「最大吉方」のトリプルパワーが期待できそうです。

金運をつけたいならこの日は西に行くべきです。

こんな日には思いがけない臨時収入があったり、宝くじとか買いにいくといいことあるかもしれませんね(ただしほどほどに)。

あなたの吉方位は吉方位鑑定ツールで無料で調べることができます。

「西」と「七」がつく方位が凶方位の場合どうする?

勘のいい方ならお気づきかもしれませんが、「西」方向や「七」がつく方位が最悪と言われる「五黄殺」や「暗剣殺」の凶方位と重なっていたらどうするかです。

基本的にはそういう時は動かないことです。凶方位と重なっていない日に動くようにしましょう。

ただし、次項でご紹介する「凶方位であえて宝くじを買って一攫千金を狙うテクニック」もあります。

宝くじで高額当選を狙うための方角とは?

通常の金運であれば上でご紹介した方法で吉方位や西方向を目指せばいいのですが、宝くじの場合はあえて凶方位で買って一攫千金を狙うというテクニックもあります。

考えても見て下さい。宝くじで数億円を当てるということは事故に遭うようなものなのです。そこで風水では良くないとされる二大凶方位(五黄殺・暗剣殺)で買うことによってレアな現象を引き寄せようということなのです。

身の回りで良くないことがあった時に宝くじなどを買うと良い結果が出るとよく言われていますね。

その辺の詳細は下の記事にまとめておきましたのでご覧下さい。

関連コンテンツ



Top