タロットでギャンブル運を占う|辛島宜夫さん「占星タロット入門」

タロットでギャンブル運でも占おうと高校時代に買った辛島宜夫さんの「占星タロット入門」(二見書房)で久しぶりに占いましたが相変らず良く当たります。辛島さんのタロット占いはタロットと星占いのいいとこどりだそうです。解説本にオリジナルのタロットカード付き。

img_03462

◆タロットでギャンブル運を占う

実はこのタロット占い、すごく良く当たるのですタロット占いと星占いを一つにしたということで的中率が2倍というのがウリでした。価格は解説本とタロットカード78枚がついて890円という安さ。カードは白黒ではあったのですが、辛島さんオリジナルの図柄です。

img_03482

それで、久しぶりに占ってみたのですが、やっぱり当たってました。なんでわかるの?っていいたいぐらいです。

当時から良く当たると評判だったのですが、今も健在ですね。解説本も丁寧に書かれていてわかりやすいです。

で肝心のギャンブル運ですがホロスコープ式で今月の運勢を占う場合は、13枚のカードを円形に並べて、最後のカードをその中心に置きます。 

で、5番目のカードがギャンブル運や恋愛、子ども運を表しています。

また、木星展開法を使って今日の運勢を占うこともできます。この場合は4枚のカードを使いますが、1枚目は午前中の運勢、2枚目は午後の運勢、3枚目は夕方から夜にかけての流れ、そして4枚目が鍵カードになっていて総合的運勢がわかるのです。

さらに、8枚のカードを使った方角占いや10枚のカードを使ったケルト十字法で今の悩み事をズバリ当てることもできるのです。

なお、各カードには、ラッキーカラーやラッキーナンバー、幸せを呼ぶ物などが示されているのでそれは直接ギャンブル運の参考になりそうです。

とにかくよく当たるので重宝しています。

◆高い的中率!星占いと12星座別健康食品

実はこのタロット占い本。各タロットカードの解説が良いだけでなく、巻末の方にある各星座別の星占いと12星座別健康食品。私はさそり座なのですが、この2つがタロットに匹敵するぐらい的中しているのです

各星座別の星占いなんて私の性格を丸裸にされたぐらい言い当ててます。自分の性格や相性の良い食品を客観的に知ることは生きる上での糧になると思いました。

これからも大事にしていきたいと思います。

img_03472

この本は今は絶版になってしまって古本市場とかでしか入手できないようですが、辛島さんのカード付きタロット占いは1974年初版のものが新装丁されて2006年に再販されています。

しかし、大変残念ながらこちらも絶版になってしまいました。

◆占いは永久不滅

占いは大昔からあるものです。当たらないいい加減なものであればとっくの昔に淘汰されてなくなっているはずです。

それが数千年の歴史を経て、21世紀の現在まであるわけですから満更でもないのです。

◆辛島宜夫さんプロフィール

まずは辛島先生のプロフィールについてですが、1923年12月10日上海生まれ。武蔵野美大卒。日本タロット実占者の会会長。

著書に「タロット占いの秘密」「大アルカナ・タロット占い」「プチ・タロット-恋の十字架占い」などがあり、私が持っている「ホロスコープ占いによる占星タロット入門」の4冊で二見書房から驚異のタロットシリーズとして発売されていました。「タロット占いの秘密」は160万部のベストセラーを記録しました。現在はすでに引退されているようです。

こちらの記事も読まれてます

Pocket




Top