パチンコ依存症を自力で克服する方法

Pocket

入院するほどではないが、パチンコ依存症を克服する方法について考えてみました。

いきなりやめるのは難しいので段階的にパチンコから遠ざかりましょう。

スポンサーリンク

◆キャッシュカードを持たない、現金は多く持たない

キャッシュカードを持たない、現金を多く持たなければ予算をオーバーして大損することもなくなります。

そしてなるべく遠くの店に行きます。自宅に簡単に戻れないようにするためです。

自宅近くかだと血迷って現金やキャッシュカードを取りに帰ってしまいますから。

なお、帰りの電車賃は最低限確保することをお忘れなく。

◆他人の遊戯を見学する

真後ろに立ってジロジロ見ると嫌がられるので少し遠目に見る。

同じ人ばかり見てると気づかれるのでたまに移動すること。

午前は自分で遊戯しても午後は見学という段階的な方法が望ましい。

◆ゲーセンのパチンコをやる

大きめのゲーセンには実機と同じパチンコ台が置いてあったりします。

ゲーセンのパチンコ台は単に遊ぶためのものなので勝って現金に交換することはできませんが、その分、釘が甘いのでパチンコ店よりも長く遊べます。

お金の損失には変わりありませんが、パチンコ店に比べたら損失額は低いはずです。

◆ゲーセンのパチンコを見るだけ

うまいことゲーセンのパチンコ店にシフトしたら、次のステップとしてはお金を使わずに他人がやっているのを見るだけにします。

ゲーセンにシフトすることでパチンコ店から確実に離れることができます。

◆テレビゲームのパチンコ

最終段階として家でパチンコのテレビゲーム(スマホでも可)。

テレビのパチンコゲームは非常に出来が良く、釘調整もできるほどです。

海物語などの実機と同じ機種もあるので臨場感抜群。

大当たりがたっぷり見たければ確率変動を1/1にすれば永久連荘できます。

このテレビゲームのパチンコにシフトすることでお金の損失を防ぎます。

大当たり画面を連続して見ることで飽きがきたらしめたものです。

なお、スマホのパチンコゲームは無料のものだけにすること。

ただし、無料のものは実機でないことが多いですが。

◆最後に

パチンコなどのギャンブルでは自制心がすごく必要です。

負けこんで銀行にATMに行ったり来たりしたり、パチンコで負けたお金はパチンコで取り返すみたいな考えたをしていたら要注意です。

とにかく、パチンコ依存症を克服するためにはパチンコ店に近づかないようにすることと、情熱を注げるような趣味を見つけることが大切だと思っています。

ただし、パチンコをやめて競馬とか宝くじとか飲酒に走っては全く意味がありませんので、実益のある趣味を見つけることです。

こちらの記事も読まれてます

Pocket




Top