パチンコのワープルート周辺の釘の見方

Pocket

◆ワープルートとは

パチンコ台において、ワープルートとは風車や道釘を経由せず、別の入り口から入って中央ステージ経由でヘソ(チャッカー)に入る仕組みのことです

ワープルートの台は調整ポイントが絞りやすく、0.25ミリ単位などという微妙な調整は必要ないので見る方としても簡単です。

ま、あまりワープルートを甘くする店は多くはありませんが、一応知っておいたほうがいいです。

◆ワープルートの場所

ワープルートの場所は下図を参考にしてください。ワープルートがない機種も多くあります。

釘読みに関しては、通常のように風車付近や道釘を経由してスタートチャッカーに入るわけではないので見るべき釘が少なくシンプルです。

もちろん正確な釘読み能力がなければ稼ぎは薄くなりますが、釘読み初心者がとっつきやすい部類に入ります。

◆入口付近からチェックする

まずはワープルートへの入口付近の釘からのチェックです。図のような調整の釘であればいいでしょう。逆方向ならば厳しい調整となります。ワープルートは台によって入口が異なったりしますが、とにかく入口付近の釘を開けているかどうかがポイントなのでシンプルです。

warp

◆基本的にヘソ釘は上向きがいい

それと、ワープルートの調整が良い台は言い換えればステージからの入賞が多いということだから、ヘソは上向きの方が良いです。上から落ちてくる玉を受け止めるには上向きでないとだめです。もちろん左右に開いていることも望ましいです。

◆風車付近も良ければヘソ釘はノーマルでも可

通常ルートとワープルートの両方から入るような夢のような台であればヘソはそれほどノーマルでもいいでしょう。あまりありませんけどね。

デジタル機の場合、ワープルートがあればチェックは絶対にしておきましょう。風車とか寄り釘が悪くともワープルート周辺の釘が良ければ回ることが多いからです。

これを忘れてしまうと、優良台を取り損ねることもありますので。見方は図の通りで簡単なので、チェックしてみよう。

この他にも釘読み技術や上達のコツなどのコンテンツをご用意しています。
釘読み関係の総合メニューは初心者向けのパチンコ釘読みのコツへどうぞ。
Pocket