パチンコの風車周辺の釘の見方

Pocket

風車付近の釘は中央への寄りの鍵を握っている重要な部分です。

マイナス調整されると盤面左側に玉が落ちてしまいます。図入りで説明しますのでしっかり理解して下さい。

◆風車の場所

風車の場所は中央の液晶画面の左右にありますが、通常は左の風車だけ気にしていればいいでしょう。

今のパチンコ台は液晶が大型化して風車とヘソがかなり離れているのが多いですが、場所は下図を参考にしてください。

◆風車の釘調整の見方

風車は羽根物の方が調整されることが多く、デジタル機ではあまりいじらない店も多いのですが、一応プラス調整も覚えておきましょう。

いつか役に立つ時がくるかもしれません。本当は風車の調整はかなり重要で、この風車次第で玉の流れを一気に変えることもできます

釘を見る上で大事なのは風車上のAとBの釘です。

Aの釘はかなり重要でこれは右下調整がベスト。このAの釘とCの釘(風車)が図とは逆方向の調整だとAC間から玉が左下にこぼれてしまい、ヘソへの寄りが悪くなります。 店がマイナス調整するときは風車を右側に叩いて、AC間から玉をアウトへ逃げさせるようにします。

次にBの釘、この釘は右方向か、右上方向がベスト。BC間から玉を中央に通したい。逆方向も厳しいです。このあたりの釘1本で回転率を上げ下げすることも可能なのでヘソとセットで注意して見ておいた方がいいでしょう。

最後はCの釘。これは釘というよりは風車そのものですね。風車は左向き、欲を言えば左下向きがベストです。ただし、極端なマイナス調整をされていなければ可。

◆玉は広い空間を好む

次に下の図で説明しますと、風車が左に向いていると、玉がBの方向に流れやすくなります。

kugi_fuusha

図を見てみるとわかるかと思いますが、AよりもBの空間の方が広いことがわかります。これが逆調整だとAの方向に流れやすくなってしまい、中央への寄りが著しく悪くなってしまいます。

風車はあまりイジならい店が多いと書きましたが、風車をプラス調整している店があれば他の釘とのバランスもありますが優良台の可能性があります。

店側が出す意思があると捉えることもできます。

逆にあからさまにマイナス調整していればあまり良い店とは言えないかもしれません。

◆玉が中央に寄ることが基本

やはり、ヘソ釘が中央にある以上、玉が中央に寄らなければ話になりません。ヘソがかなり開いていても玉が中央に行かなければ意味がないのです。

また、風車付近はガチガチに閉めていてもワープルート周辺の釘が良ければ回ることもあります。初心者が見落としがちなケースです。

釘はトータルで見るべきです。場数を踏んで見落としのないように鍛えるしかありません。全てがプラス調整の台など普通はありません。

それと、風車の見方ですが、正面からだとわかりにくいこともあるので、真上からのぞき込むように見ることをおすすめします。基本的に釘読みは正面、真横、真上からのぞき込むことが重要です。時には腰を落として見るのです。立ったまま見ている人が多くいますが、それでは微妙な釘調整がわからないこともあります。

◆風車周辺の落とし穴

風車付近(寄り釘)をもう一つ見ておきましょう。下の図は、左風車付近の図です。右方面がヘソになります。

赤い矢印がプラス調整です。こういう調整だと緑の矢印の方に玉が流れやすくなるのは前でお話ししました。

注目したいのは、AとBの釘です(下図)。

dejital-yose2_2

この釘が開いていると、玉が青の矢印の方に流れていってしまい、ヘソ方面へは行きにくくなります。
赤の矢印のような調整であっても、AとBの釘が広がっているような調整だと青印の方向に玉が流れてしまい、回転率が悪くなるということです。これは風車付近でアウトラインに逃がすよりも先に逃がしてしまう調整ということになります。

ですから風車付近が良くてもABの釘を思いっきりマイナス調整されてしまうとセンターに寄りずらく回りません。ダマシのテクニックとも言えますが、初心者から初級者にありがちな見落とす箇所とも言えます。

AとBの釘は、風車周辺に気を取られて忘れがちな釘ですので、覚えておいてください。ゲージが多少異なってもたいていのパチンコ台はこのように玉を外側に逃がすルートを作っています。
繰り返しますが、ABから外側に玉を逃がすか、風車付近で外側に逃がすか、この2つがポイントとなっています。

それと、補足ですが、赤の矢印のように全ての釘がプラス調整になっているわけではありません。ヘソや道釘ジャンプ釘などの調整を総合的に考えて判断することになります。そこのところは経験を積んで会得するしかありません。

この他にも釘読み技術や上達のコツなどのコンテンツをご用意しています。
釘読み関係の総合メニューは初心者向けのパチンコ釘読みのコツへどうぞ。
Pocket