パチンコのアタッカー周辺の釘の見方

Pocket

初心者向けにパチンコのアタッカー周辺の釘の見方を解説しています。

アタッカー付近は大当たり時の出玉にモロに影響するところでもあるので基本をしっかり押さえておきましょう。

◆アタッカーの場所

まず、アタッカーの位置を確認しておきましょう。中央チャッカー(スタートチャッカー)の真下にある長方形の部分がアタッカーです。

大当たりになるとこのアタッカーが断続的に開きます。で、どんどん玉がアタッカーの中に入っていきます。

スポンサーリンク

◆アタッカー付近の釘調整

では、アタッカー付近の釘調整を実機でご説明します。こちらがアタッカー付近です。

Aの釘が重要です。

この釘が右か左かでアタッカーへの入賞率が変わります。

具体的に言うとAの釘を右、Bの釘を左に調整するとAとBの間が広くなりアタッカーへの入賞率が下がります。

逆にAC間を開ければプラス調整となります。

少し上からのアングルで見てみましょう。

私の方でわかりやすいようにかなり大胆に釘を動かしていますが、画像のような調整をされてしまうと玉がアタッカーに入る前に左上から脇にこぼれてしまい入賞率が下がります。

アタッカー周辺の釘をこのように調整する店はオススメできません。私に言わせればとてもいやらしい調整に見えます。

ま、ここまで露骨な調整はそうそうありませんが、先ほどの画像のAの釘を右側に動かされているような台は警戒してください。

◆昔の機種はパンクがあった

実は昔の機種においてアタッカーにちょっとやっかいなところがありました。アタッカー内入口付近にVゾーンがあって、ここに入らないとアタッカーが一旦閉じた時にパンクといってアタッカー開閉が終了してしまうのです。

つまり、その段階で大当たりが終了になってしまっていたのです(簡単に言うと)。大当たりが終了になると言いましたが、確変絵柄で大当たりした時は確率変動はそのままです。

なので、アタッカー周辺の釘が渋いとパンクしやすかったです。私も実際にパンクしたことが数回ありますが目の前が真っ暗になりますし、頭にきます。

特に早い段階でパンクしてしまうと出玉が大幅に減ります。

しかし、2004年の規則改正でVゾーンの設置が不要となり、一定の秒数でアタッカー開閉を繰り返すのでパンクというものがなくなりました。

こちらの記事も読まれてます

Pocket

こちらの記事も読まれてます