パチンコ台の確保方法-優良台を確保するために

Pocket

◆台取りは店内に入ったらすぐにやるべきこと

パチンコ店に入って両替機に向かう人も多いですが、まずは台の確保をすべきです。硬貨を持っていても打つ台がないときもあるからです。

ただ、パチンコ用のプリペイドカードがあれば、いつも持っておくのがいいでしょう。

◆パチンコ台の確保はライターと玉が定番

この業界では台の確保にタバコ、ライター、ハンカチなどを台の受け皿に置いて確保します。

万一、何ももっていない時は、200円分ほどの玉で確保する方法もあります。100円ぐらいだと少なすぎるのでちょっと目立ちにくい。

しかし、車やバイク、まして自宅のカギをよく確保のために使う人をよく見かけますが、これは大変危険です。車ごとパクられる可能性が大きいからです。

それと、傘を足元に置いて確保してた人いましたけど、他の人からみてわかりにくいのでやんない方がいいですね。

◆長時間確保はNG

長時間置いたままにして台を確保すると店員にはずされてしまうので注意が必要。他のお客さんもいますからね。マナーの一つです。

逆に、打ちたい台が30分以上タバコ、ライターなどが置いたままになっているときは、そのパチンコ店の従業員に言ってアナウンスしてはずしてもらう方法もあります。是非やってみて欲しいと思います。

私はやってもらったことないですが、店内アナウンスは何回も聞いたことがあります。

◆掛け持ちプレイ

2台、3台と確保して打つ(掛け持ち)のは一部の店を除いては禁止されています(ただし、最近は掛け持ちOKの店も多い)。

やるとしてもできるだけ目の届く位置(同じシマとか)にしておいた方がいいですが、初心者は一台に集中した方がいいでしょう。

◆台取りトラブル

最後に、台確保における常連客とのトラブルについて一言注意しておきましょう。本来パチンコ台など早いもの順ではあるのですが、毎日来る常連がプレーしている台と知らずに確保してトラブルになるケースがたまにあります。

初めて行く店では朝一から突撃するのは避け、開店後10分ぐらいしてから台を確保して様子をみるようにしましょう。

人間、お金がからむと異常な反応を示す人もいるので十分気をつけて欲しいと思います。

私も昔1回だけですが、常連とトラブルになったことがあります。

Pocket




Top