株もパチンコも潤沢な軍資金で精神的余裕がでる

Pocket

最近はまともな出玉が期待できる台の大当り確率が1/300前後となっており、昔に比べてとんでもなく悪くなっています。1/200でもハマリは1000回転以上あったのに、1/300ならとんでもなくハマリが深い。

釘読みやボーダーライン理論だけの正攻法で喰っていくのは難しくなってきたのが事実です。実際に昔パチンコで喰ってきた仲間が廃業しているケースもあります。

でも考えてもみてください。パチンコのテクニック云々でなく、軍資金に目を向けるのです。視点を変えてみるのです。予算を5万円としてパチンコをやる。

でも、その5万円のうち、泡銭が1万円あれば、どれほど精神的に楽でしょうか。1万円までは負けてもプラマイゼロ。これってかなり大きいです。ま、パチンコで1万円なんてすぐになくなっちゃいますけど。

でも、もし1万円以内で初当たりが引けたなら、その時点からプラスになるのです。どうでしょう。想像してみてください。精神的に楽にはなりませんか?

とにかく、汗水垂らして働いたお金をできるだけ守る。そのために、泡銭を作るのです。

私は懸賞マニアでもあり、毎月多数の懸賞に当選しています。景品によってはヤフオクで売れるものも少なくありません。

さらに、株式投資でツナギ売りをしています。ツナギ売りについてはここでは詳しくは書きませんが、簡単に言えば、株主優待をリスクなしでもらうテクニックです。これは少し資金がいりますが、全くリスクなしで取得する方法があるので絶対に損しません。

こうして地道に稼いだ泡銭をパチンコの軍資金に回しているのです。

もちろん、パチンコの軍資金全額をこうした泡銭で賄えるほど収入は得ていません。あくまで軍資金の補助的な存在です。

ギャンブルはパチンコに限らず、株とかでも精神的な余裕が必要です。ちょっと負けたぐらいで退散してはパチンコも株も勝てません。株をやっている方ならよくご存じだと思います。

少し株価が下がるとビビッて売ってしまうのです。100万円しか貯金がない人が100万円で株式投資するのと、3000万円ある人が100万円で株式投資するのとでは精神的な優位性が全く違うのです。

株もパチンコもある程度じっくりやる金銭的、精神的な余裕が絶対に必要なのです。

パチンコなどのギャンブルは軍資金が要。少なすぎても多すぎてもダメ。詳しくはパチンコの軍資金の重要性をご覧ください。
Pocket