信用できるパチンコ攻略法と信用できないパチンコ攻略法

◆すべてが信用できない攻略法ではない

パチンコ攻略法と言っても、全てが胡散臭いものではありません。

避けたいのがオカルト法です。保留玉をいくつ点灯したら5分打ち出しをやめるとかってやつ。そんなもので当たりやすくなったなら苦労はしません。そういうオカルト攻略法は手順が非常に複雑になっていることが多いです。

私も見たことがありますが、それなりの手順が記載されているので信頼しそうな雰囲気ですが、実際にこれを実践することは難しいし実践したら店員に疑われる可能性もあります。

で、ヤフオクとかで安ければ500円ぐらいで売られている。落札するとPDFがダウンロードできるURLを教えてくれてすぐ読めるようになっているわけです。

そもそも数百円から数千円でまともな攻略法が手にできるとお考えかもしれませんが、人間というものは変なところがあって安いとダメ元で買ってみるかって気になったりするのです。

これが数万円とか数十万円とかであれば訴訟騒ぎになるのですけどね。

こうした激安の攻略法を売る側としては大量に売って利益を得ているわけです。しかもクレームもほとんどないとかって話です。なぜなら数百円ほどだから。

◆あくまでパチンコは正攻法

私がおすすめするパチンコ攻略法はあくまで正攻法です。店選び釘読みデータ解析、機種選定などです。

こうした技術は流行廃りがありません。一回身に付ければ機種が変わっても通用するのです。

近年では釘よりも波の方にウェイトが高くなりつつあるのは事実です。パチンコ台の大当たり確率の波が非常に荒くなってきており、大連荘することもあれば大ハマリすることも増えてきたからです。

しかし、オカルト攻略法はどうでしょう。たとえそれが通用するとしてもその機種だけです。他の機種では使えません。みながオカルト攻略法でパチンコで楽して勝てるものならパチンコはとっくに日本から消えているでしょう。

◆私は釘師の学校に行った

私のパチンコ技術の習得法ですが、当時はパチンコのやり方の書籍が結構ありました。今は皆無ですね。雑誌にちょっと載ってる程度。で、そうした本を買って家で熟読した上で、現場で経験を積んで自分なりの方法を確立していきました。自分にあった方法論が必要なわけです。

なぜか、それはデータ解析に興味がある人もいれば、釘読みに興味がある人、私のように原付バイクを持っていて複数の店の偵察が容易なことなど人によってそれぞれだからです。

で続きですが、本で基礎技術を習得した後は雑誌のパチプロの釘読み講座とか立ち回り法なんかを購読していました。これが結構参考になったのを覚えています。実際にある機種の写真を掲載して、この釘がこっちに向いてるものを狙えなんて解説してくれているので参考になりやすい。もっともそんな釘調整している店はあまりなかったですけどね。なければ探すしかないのです。

そして、最後にはNHKで特集していた釘師が主催している学校に行ったわけです。

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク




こちらの記事も読まれています