パチンコファン感謝デーの福引ではこんな景品が当たったりする

◆デジタルフォトフレーム当たる

三洋海物語のデジタルフォトフレーム(7インチ)

だいぶ前に三洋物産のキャンペーンで当たったもの。箱自体は結構重たい。

パチンコメーカーの懸賞って応募する人があんまりいないのか応募すると結構な確率で当たる。過去にはクッションやクリアケースなどショボイものばっかだけど当たったことがある。

これはSDカードを差して画像とか音楽、動画なんかを見ることができるもの。

使ってみたけど画像以外はダメダメな感じ。最初はいいもん当たったな~なんて思ったけど。ま、ただでもらったのでいいとする。

海物語のキャラクターであるマリンちゃんの動画とかテーマ音楽(リーチとか)がデフォルトとしてあらかじめ設定されている。

ま、これについてはよっぽど海物語のファンじゃなければ嬉しくもないかな。

◆パチンコファン感謝デーの実態

手持ちの山の画像を入れたけど解像度はギリギリレベル。やっぱ今見るとかなり荒く感じる。

パチンコファン感謝デーの福引とかではこんなものが当たったりもする。

ま、これはたいしたことないけどいい方かな。ポケットティッシュとかよりはマシ。

一等とか二等ぐらいの豪華景品は店の関係者しか当たらないなんて聞いたこともあったりして。

露店のくじ引きなみかな。

タバコ吸わないけどせめてZIPPOのライターぐらいは当たるといいな。

◆パチンコ関連商品はビッグビジネス

でも、こうしたパチンコ関係の商品やサービス(アプリなど)はかなりいい商売になっているみたいです。私は店でパチンコ打ってるだけですけど、月会費払ってパチンコアプリを楽しむ人って私が想像しているよりもかなり多いらしい。

で、なんでか色々調べてみるとその一つに90年代の懐かしのパチンコが楽しめたりする。CRモンスターハウスとかCR大工の源さん、CR黄門ちゃま2とかね。

店に行かなくていいし、24時間遊べるってとこがポイントらしいけど、身銭を切って勝負する実店舗ほどリアル感はない。ただし、アプリ自体の出来はすごくいいけどね。

90年代はパチンコ全盛期で、パチンコ店も多ければ愛好家も多かった。ゴールデンタイムにパチンコ特集なんかもやってたしね。NHKでも釘読みの学校なんか紹介してた。今では考えられないぐらい。

だから当時やってた人は懐かしくてやってしまうみたいです。私はフィーバールーセントが大好きだったのでもしあるならやってみるかも。

パチンコ業界は衰退の一途だけど、もし店がなくなってしまったらメーカーは懐かしのアプリだけで喰っていくのかな。ま、現実的は他のアミューズメント事業(カジノとか)にシフトしていくんだろうけど。

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク




こちらの記事も読まれています