パチンコ初心者ほど遠隔操作を疑ってしまう

Pocket

◆大手チェーン対抗するため遠隔を行う店も

パチンコ店のごく一部の店では遠隔操作をしているところがあります。

例えば、大当たりの確率変更、確変の突入率の変更、大ハマリ設定などなど。いつでもこうした操作はできるらしく、夕方サラリーマンが来る時間帯から還元率を上げることも超簡単にできるらしい。

結局はどのようにも操することができるわけです。お客は不審に思ってもどこに遠隔装置が付いているのか確認のしようがないのでホールの思うがまま。

こんなホールで勝負するお客はたまったものではない。なけなしの金で少しでもお小遣いを増やしたいと思って来ているのに自分の運命はホール次第ってこと。1000回を超える大ハマリにあえぐ客の姿を監視モニターでニタニタ笑いながら眺めている店長の顔が目に浮かびます。

もちろんこういう不正が発覚すれば、即営業停止処分となります。

こうした不正の背景には中小のパチンコ店の大手チェーン店に対する対抗策として講じられることもあるようです。

大手チェーン店の進出により、中小のパチンコ店は客足が遠のき壊滅的な打撃となり閉店していくわけです。最後の最後の手段として違法を覚悟で遠隔操作や違法機を設置する店が出るわけです。

◆パチンコ初心者に大連荘の快感を覚えさせる

大連荘など、劇的な場面に遭遇したこともある方は多いでしょう。初心者のような人には大当たりの快感を覚えさせ、数回来た後は徐々に搾り取っていく。あまりにも巧妙なやり方です。こういったことで中毒になってしまうのでしょう。

こういうやり方は通常店舗でも似たようなものはあります。4月の大学生に入学シーズンに還元率を上げ、5月の連休以降に徐々に還元率を下げる。通常店舗はそれを遠隔操作ではなく、釘調整とかでやるわけです。

とにかく、営業停止処分のリスクを負ってでも遠隔操作する店があるということはそれだけ切羽詰っているのか、犯罪意識が麻痺しているのかどっちかでしょう。

あまにに出る台とハマル台のメリハリがあるような店はちょっと要注意ってことですか。

◆逆にパチンコ初心者ほどすぐに遠隔と疑ってしまうことも

逆に、パチンコ初心者ほど、数万円投資しても出ないと「遠隔だ!」なんて錯覚してしまうこともあります。

今のパチンコ台は確率の波が大変荒いので座って5分で幸運にも大当たりを引くこともあれば、10万円投資しても一回も大当たりしないなんてことはザラなのです。

負けが込んでくるとパチンコ初心者に限らず誰でもホールに対して懐疑的になってしまうようです。しかし遠隔がバレれば営業取り消し処分などの重い処分が課されるのであっちでもこっちでもできることではありません。

Pocket

こちらの記事もどうぞ

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

Select language

カテゴリー