パチンコ初心者の立ち回りパート2(遊戯をやめる時~換金所)

Pocket

こちらでは後半部分である遊戯をやめてから特殊景品の交換まで4つの項目を解説致します。

◆遊戯をやめる時(約15秒)

遊戯をやめて帰る時(ドル箱がある時)や大当たり時にドル箱がいっぱいになって空箱が欲しい時などは店員さんを呼びましょう。台上部のボタンを押せばインカム経由ですぐに来てくれるはずです。

人手不足などでスタッフがなかなか来ない時は自分で空箱を取ってくる手もあります。ただし、空席でないとできませんが。

◆ジェットカウンター(約22.5秒)

昔はドル箱はお客がジェットカウンターまで持って行くこともあったのですが、今はほとんどの店ではスタッフがやってくれます。なので台上部にある呼び出しボタンを押して待ってればOKです。

一箱ぐらいだと自分で持って行くこともあるのですが、そのお店によりけりですね。ジェットカウンター詐欺とかあるのでスタッフがやる事が多くなったようです。

さらに詳しいジェットカウンターでの立ち回りもご覧ください。

◆景品交換(約35秒)

大連荘した後に時計やゲーム、ブランドものを選ぶのは楽しいひとときです。食料品なんかは結構リーズナブルなので現金に交換してスーパーで買うよりも安いこともあります。

現金交換してアマゾンや楽天、ヨドバシで安く買うのもいいのですが、パチンコの戦利品として景品をもらっておくのも思い出になりますよ。

さらに詳しい景品交換もご覧ください。管理人の体験談も交えてご説明いたします。

◆換金所(約31秒)

店内のカウンターで特殊景品に交換した後は店とは別のところにある換金所で現金に変えることができます。現行法上、パチンコ店が換金するわけにはいかないので、店、景品問屋、換金所の3店方式にして法律の抜け道を作っているわけです。

面倒臭いですが、換金所は店からそんなに離れていないことが多いので慣れましょう。繁盛店では閉店間際は大変混むので特殊景品に交換した後は空いてる時に現金交換してもいいでしょう。

さらに詳しい換金所での立ち回りもご覧ください。

◆最後に

以上でパチンコ初心者向けの立ち回りダイジェスト版は終了です。確率変動や右打ちなど実際にパチンコを打つ上で知っておかなければないないこともありますので、さらに詳しい解説は初めてのパチンコのやり方をご覧ください。

Pocket

こちらの記事もどうぞ

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

Select language

カテゴリー