カテゴリー:パチンコ技術-釘読み

高速で釘読みをするコツ

朝一でホールに突入した場合、良い台を確保するにはパチンコの釘読み技術が必要なわけですが、ライバルに先を越されないためには高速で釘読みをする必要があります。 コツは、風車なら風車、ヘソならヘソという風に見る場所を絞って、同じ機種があるシマを…

詳細を見る

パチンコのクセ台は試し打ちするしかない

ヘソも寄り釘も風車もいいのになぜか回らない。そんな台がたまにあります。とてもイライラしますね。 これはパチンコにおけるクセ台です。 ◆クセ台のおもな特徴 ■ハンドル調整にクセがあってストロークが安定しない ■ネカセの影響でステージ上…

詳細を見る

釘読みだけではわからないクセ台

パチンコをある程度やっていると、気づくことがあると思うのですが、釘がプラス調整になっていたりしても思ったより回らない台があったりします。個人的には、綺麗な台(新台)よりも釘や盤面が汚れている台が好きです。釘がホコリなんかが汚れていたりすると…

詳細を見る

パチンコの釘読みで注意すべきこと

当サイトで簡単なパチンコの釘読みを図解で説明していますが、0.1ミリ単位の微妙な釘調整を見抜いて台選びをすればいいと言っているわけではありません。素人でもわかるぐらい釘が開いていなければ実際に勝ち続けることは難しいのです。風車なんかも明らか…

詳細を見る

釘読みはジグマが有利

同じパチンコ店に通うパチプロをジグマと言います。私個人はホール内でのトラブル経験(それほどでもないですが)があるので色々と渡り歩いていますが、基本的にパチンコを上手になるにはジグマの方が上達します。同じ店に通うジグマであれば、よっぽどボーと…

詳細を見る

あなたは釘読みで勘違いをしていませんか?

あなたはパチンコの釘読みで重大な勘違いをしていませんか。肉眼でも見分けのつくかつかないかの釘調整を判断しなければならないものと思っていませんか? だとしたらそれはとんでもない間違いです。パチンコの釘読みは誰が見てもわかるぐらいに動いていな…

詳細を見る

ダマシ釘には注意する

ホールも商売ですから、易々と勝たれてはたまりません。 そこで、パチンコの釘読みが少しできる人をだますための釘調整をしたりします。 ダマシ釘です。 これは、ヘソ(命釘)を開ける釘調整をしながらも、寄り釘などを閉めて中央に玉が寄らないある…

詳細を見る

命釘を開けてチャッカー周辺を閉める台

釘読みで一番判別しやすいのが命釘が開いているかどうかです。寄り釘によっても回転数は変わりますが、命釘が開いている台を好むパチンカーは多い。しかし、油断しないで頂きたいのが、命釘を開けて大当たりしやすい台に調整しておきながら、チャッカー周辺の…

詳細を見る

命釘(ヘソ)と寄り釘、どちらを重視するか?

釘の理想としては、命釘と風車周辺の寄り釘がいいのがベストなのですが、なかなかそううまい具合にはいきません。命釘だけいじる店もあれば、寄り釘だけいじる店もありますし、両方いじる店もあります。店の方針や担当者などで全然違うのです。どちらか一方し…

詳細を見る

新装開店なら新台で店の釘調整をチェックできる

新装開店などで、新台を導入した場合ですが、この時がその店の釘調整のポイントをチェックする絶好の機会です。ただ、新装開店の初日から回収体制なんてホールもあったりしますが、そんな店は論外!数日は甘釘の台を忍ばせてる店なら、初日にその釘の状態をあ…

詳細を見る

Select language

カテゴリー