予算1万円でパチンコに勝てるのか?1時間もやれば勝てるのか?

誰だって低予算でパチンコに勝ちたい。しかもサクっと短時間で勝ちたい。そこで現代のパチンコで1万円で勝つことができるのかを詳しく検証します。

◆予算1万円でパチンコに勝てるのか?

パチンコ初心者の方はお金をどれだけ使えば大当たりになるかっていうのを全くわかっていません。

感覚的にはキリのいい1万円ぐらい使えばいくらなんでも一回ぐらい大当たりはするだろうなんて考えるのが普通でしょうか。

しかし、今のパチンコは1万円で大当たりが出る確率は高くないです。

初めてのパチンコで1万円以内で大当たりが出て派手に連荘して(ビギナーズラック)、たった数時間で数万円のお金を手にしたり豪華な景品をドッサリもらったりすると強烈にパチンコの楽しさが脳に植えつけられるわけです。

で、またその快感を味わおうとパチンコ店に足を運ぶと前回勝ったお金を上回るほどの負けを味わってしまうことも多いってわけです。

このあたりは経験されている人も多いことでしょう。

◆水野真紀さんもパチンコに挑戦するが

昔、女優の水野真紀さんがパチンコに行ったそうで、1万円使っても大当たりしないので店員にクレームをつけたことがあるそうです。

それを聞いた番組のMCは「1万円で勝てるわけないですよ」って会話をしていたのを覚えています。

初めてだとそんな感じなんでしょう。

◆大当たりの仕組みを理解しよう

別のページでも解説していますが、大当たり確率が1/300の台があったとしてます。パチンコの大当たりというものは袋の中に400個前後の玉が入っていてその中の1個だけが当たり玉のなっていて、一回引いたらまた袋の中に返してまた引くということを繰り返す仕組みです。

何回引いても大当たり確率は1/300です。引けば引くほど確率が良くなるわけではありません。しかし、人間の感覚としては大当たりに近づいているのではって思ってしまうんです。

しかし、確率というのはムラが出ますが、いずれは限りなくその台に設定された大当たり確率に近づくのです。この辺は不思議でもあります。

例えば地球では毎日赤ちゃんが生まれてきます。その日によって男の子の方が多かったり、女の子が多かったりするかもしれませんが、長い期間でみると限りなく50対50に近づくのです。男と女の2種類しかいないですからね。

で、確率にはムラが出ますのでそのムラを狙うのがパチンコなのです。その台の確率のムラは一定期間のデータをコンピュータで公開している店ではあればだいたいわかります(データロボ設置店など)。

ある台があったとして、今週の平均確率が1/200を切っていたりすることもあれば次の週は1/600になってしまったりすこともあるわけです。ただ、前述のように確率はいずれは収束する運命にあるので長い期間になると設定確率である1/300に限りなく近づくわけですね。

このことがわかっていればハマっても冷静に考えることができます。

◆だからハマった人の後をやりたがる

だからパチンコで何時間もハマってる人がいると周りの人がそれを覚えていて、その人が撤退すると台を確保することが多いのです。

ハマったということは確率が悪くなっていたということ。その揺り戻しに期待しているわけです。

しかし確率の揺り戻しがその日にくるかどうかは誰もわかりません。運次第ということになります。

ハマリ台をいつも狙うのは他のお客とのトラブルにもなりかねないので私は基本的にはやりません。

ただし、ライバルがノーマークであって、釘が良ければ勝負します。もちろんそれでも当たらずに撤退することは多々ありますが・・・

こちらの記事も読まれてます

Pocket




Top