意志が弱い人はパチンコ屋のATMには絶対行ってはいけない

◆店内にATMがあるとどういうことになるのか

パチンコをやっていると軍資金切れというのが当たり前のようにあります。

で、どうするかというと、追加資金を店内のATMに引き出しにいくわけです。

私も最初のころはそうでした。

体が自然とATMとかに行ってしまっていました。

店内のATMは引き出し手数料がかかるのでコンビニとかに行った方がいいわけなんですが、近くになかったり雨降ってたりすると少しぐらいいいかなんて思ってしまってました。

通常はATM手数料払うの嫌なのに、パチンコで数万円勝負している時はATMの手数料が小さく思えてしまったりするから不思議です。

ま、引き出し上限とかあって3万円ぐらいですけどね。月額での規制とかもあるようです。

で、追加投資で勝てたこともありましたけど、長い目でみれば収支はマイナスになっていたと思います。

全日遊連では店内ATM設置を自主規制すべきと内規で定めているようですが、結局は広まってしまっているのが実情。

◆意志が弱ければATMがない店舗を選ぶ

最近はパチンコでの借金とかで世間からの批判も多いせいか店内にATMがある店舗も少なくなってきたけど、店内になくても駐車場内にあるコンビニにあったりとか徒歩圏に銀行があったりとかするので意味がない。

引き出しに行こうと思えばいくらでもなんとかなるわけです。

◆キャッシュカードで玉貸しカードを購入できる機械も

なんとキャッシュカードを使って直接玉貸しできる機械もあったりする。

あまりにも安易すぎる。これでは現金が底をついても簡単に玉貸しできてしまうではないか。

こういうところにこそ規制すべきだと思う。

もちろん、上限とかあるようですけど、出玉規制とか大当たり確率規制とかしている割りにこういうところが甘い。

◆最後の手段はキャッシュカードを持っていかない

店内や周辺にATMがなくても、車やバイク、自転車でATMに行ってしまう人もいます。

そういう人は最後の手段、キャッシュカードを持って行かないこと。

これが最強ですね。

実は私はこれをやっていました。自宅近くのパチンコ屋には行かないので家まで戻る気もしませんでした。

熱くなって追加投資で自滅することがなくなりました。やっぱり負けは小さく勝ちは大きくが鉄則です。

軍資金切れで台を手放すことでハイエナに取られてもいいじゃないですか。そんな小さいことにこだわるよりも予算オーバーで借金地獄になる方を恐れたほうがいいです。

5万円突っ込んでも10万円突っ込んでも出ない時は出ないんです。パチンコってやつは

往復1時間とかかけて家までお金やキャッシュカード取りに行くなんて人がいたら今すぐギャンブルやめた方がいいです。

Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク




こちらの記事も読まれています