1分で釘読みをマスター!これがパチンコの釘ガバ開き状態

◆パチンコの釘ガバ開き状態とは?

初心者の方向けに釘がガバ開きの状態をお見せしたいと思います。たぶん1分でわかるかと思います。

ポイントは3点に絞りました。ヘソ(命釘)と寄りとアタッカーの3つです。

右打ち機種とかワープルートには対応していませんが、通常はこの3つでいいでしょう。

特にヘソと寄りは重要です。アタッカーはよっぽどマイナス調整にされていない限り玉が入るので重要度は少し落ちます。

スポンサーリンク

◆ヘソ(命釘)

これが上から見たガバ開き状態のヘソ(命釘)。

もしもパチ屋でこんなヘソの台あったら速攻で確保ね。

寄りがよっぽど悪くなければ、大当たりを引かなくても玉が少しずつ増えていきそう。

こういう台で大当たり引くと大ハマリなんかへっちゃらですね。常に保留ランプ満タンって感じです。

さらに下のように段差をつけると入賞率はさらに上がります。

段差は腰を落として正面から見ればOK。

釘読みは色んな角度から見るのが重要です。

私の方でかなり大げさに調整してますが、こんな段差あったらヘソがガチガチに閉まっていても玉は入ってくれます。

スポンサーリンク

◆寄り

続いて寄り。

寄り釘の釘読み でも説明してありますが、風車左下に玉を落とされると門前払いとなる。

画像のような風車左上の釘を下げることで玉が風車左下に落ちることを阻止し、右上の釘を上げることで中央への道が広くなるので玉は中央に寄ってきやすくなります。

さらに風車自体を左側に向けるような調整だともっと玉は中央に寄っていきやすくなります。

◆アタッカー

最後はアタッカー。

優先順位的には前の2つよりも少し落ちますが、たまにここの釘も閉めるようなボッタクリ店もあるので一応知っておきましょう。

画像においてBAの釘を狭くしてある調整がベスト。

ここを広げられてしまうと玉がアタッカーに入りずらくなります。連荘してもドル箱がいつもの半分なんてことになったら悲惨ですね。

ただ、規制で今はアタッカー内にVゾーンとかはほとんどないので、パンクの心配しなくていいのはいいことですけどね。

以上、簡単ではありますが釘ガバ開き状態をご紹介しました。上の全てを満たしている台など絶対に存在はしませんが、少しでも条件にあてはまる台を見つけたなら試し打ちでもいいので回るかチェックして頂きたいと思います。

この他にも釘読み技術や上達のコツなどのコンテンツをご用意しています。
釘読み関係の総合メニューは初心者向けのパチンコ釘読みのコツへどうぞ。
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク




こちらの記事も読まれています