パチンコ店の貯玉システム-導入店では端数は店に預けておける!

貯玉とは、大当たり等で得た出玉を景品に交換せずにそのままパチンコ店に預けておくシステムです。貯玉を引き出して後日再プレイを行う場合には、玉の引き出し時に「再プレイ手数料」ととして一定の玉数を別途差し引く店が多いのが実情です。

再プレイ手数料は店によって異なり、手数料なしのお店もありますが、10%~20%のお店が多いです。この手数料は稼働率の低い時間帯や季節によって変えることもありますのでお店で確認してから利用してください。手数料が高い店だと貯玉するメリットはあまりありませんから。

あと、一日の引き出し数の限度を設けている店もあります。500玉から5000玉ぐらいの間で決められています。

一番いいのは貯玉ができて、手数料なし、引き出し上限なしです。

なお、貯玉システムを利用するにはホールの無料会員に登録する必要があります。登録するとカードを発行してもらえますのでそれを使って貯玉するというわけです。

昔はこのようなシステムがなかったので、その日に出した玉はその日に交換しなければいけませんでした。閉店間際になると景品カウンターや交換所が混雑するのが普通なので、並びたくない人にとってはとても良いシステムです。

あと、玉を交換するときに端数を流すお店とかありますよね。チョコとか飴とかくれればいいのですけど、平気で流す店。そんな時も端数を貯玉しておけばチリも積もればなんとやらです。

貯玉をしているホールが倒産してしまったらという疑問もおこるかと思いますが、第三者貯玉保証管理制度というのがあり、貯玉補償基金に加盟している店であれば万が一倒産してしまっても補償が受けられます。念のためこの基金に加盟しているのかは確認しておいたほうがいいでしょう。補償金額には上限がありますので多額の玉を貯玉するのは基本的にやめておいたほうがいいです。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー