初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

等価交換よりも低い交換率の店を狙う

昨今、等価交換がかなり多くなってきました。しかし、等価交換であれば出玉を換金する際は有利なものの、還元率を低くする傾向があります。

つまり、交換率が良いホールほど釘が閉まるってことです。釘が良くて交換率も等価であれば最高なのですが、パチンコ店もそれでは商売になりませんから、還元率を絞るのです。

しかし、パチンコは一日でどれぐらいデジタルを回せるかにかかっています。回らなくてはいくら交換率が良くても意味がありません。どんなに交換率が良くても大当たりが出て勝たないと意味がないのです。

ということで、等価交換の店よりも交換率の悪い店のほうが釘が良い傾向が見られます。しかし、釘は悪いは交換率は低いはなんて極悪ホールも存在するのでそれはご承知おきください。

店の交換率についてはP-WORLDで調べられます。もっとも釘については現地までいかないとわからないのですけどね。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー