初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコ店にせっかく来たから打つというのはダメ

朝一にホールに行ったけど、狙っていた台を他人に取られてしまった場合どうしますか?

■せっかく来たのだから、他の台をやる

■お目当ての台は他にはないので他店に行くか帰る

おそらく前者がほとんどではないでしょうか。パチンコ好きであれば朝一でお目当ての台が取られたとはいえ、空台はまだ山のようにあります。

実は私も初心者の頃はいい台がなくても他の台を打ってしまって負け込んだ経験がいっぱいあります。パチンコ好きにとって、空き台が目の前にたくさんあるのにそれをやらずに帰ってくるというのは精神的にかなりキツイものがあります。

これはスーパーで買いたい商品がなかったとしたら別なものを買ってきてしまうという感覚に似ています。

空いている台で釘の比較をしてその中で一番いい台を打つなんてことをしていないでしょうか。きっと多くの方がそうしているはずです。

お目当ての台がなくて他の台で奇跡的にボーダーラインを上回る台にありつけることもありますが、いつもそうそううまくいくはずがありません。

最近は、パチンコ台の高騰により釘調整を辛くする傾向にあるので優良台がかなり減ってきています。空いている台で勝負してまんまと勝てるほどパチンコは甘くはありません。その日はたまたま確変とか引いて勝つことができたとしても長い目で見れば負けこんでしまうはずです。

なのでお目当ての台は複数台以前の偵察で探しておく必要があります。

それも全部取られたらその日は撤退するしかありません。

私ならその日は他店の偵察でも行きますね。

パチンコにおいて、妥協を排除することができたなら勝率は絶対に上がるはずです。それが一番難しいのですけれども。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー