初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

止め打ちを禁止するパチンコホール

あっちこっちで聞く話でもありませんが、店によっては止め打ちを禁止しているところがあります。つまり、保留満タンやリーチ中でも玉打ちしなくてはいけないということ。保留満タン状態でヘソに玉が入ってもカウントされず無駄になります。止め打ちすることで玉を節約できるわけですが、それを禁止するということなんです。

止め打ちは風営法で禁止されているわけでもなく、ホールがそれを禁止しても規制する法律等がないのが現状です。ですから、止め打ちを禁止されても文句は言えないことになるでしょう。

店員の指示を無視して打ち続けようものなら、遊戯を中断されてしまったり、出入り禁止になってしまうことも十分考えられます。
よほどの優良店(釘がガバ開き)であれば別ですが、そうでなければその店に通い続ける理由はありません。そういう店は本当の初心者にだけ来てもらいたのでしょうね。つまり、パチプロはお断りなんて言っているようなものです。

結論としては、店の指示に従うか、そのような店には二度と行かないかの選択になるかと思います。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー