パチンコの収支は長いスパンで考える

パチプロであっても負けたことがないという人は皆無です。勝ったり負けたりして結局はある程度長期的なスパンで収支がプラスになっていればいいわけです。

大ハマリを2~3日連日で喰らってしまったらパチンコをする気も失せてしまうでしょうが、結局こういうことがあっても「良く回る台を打ち続ければ勝てる」という信念があればまたパチンコに戻ってくるでしょう。

長い収支でみてマイナスになっているということは、どこかに問題があるということです。

ボーダーラインを上回っている台を打っているのか。

いつも夕方あたりから勝負していたりしないだろうか。

ハマリが嫌でプラスになるとすぐに勝ち逃げしてしまい、戦利金が少なすぎないか。

妥協してクソ台に座ってしまっていないだろうか。

などなどです。

パチプロで食べていくには、確率の波の悪さで負けた時のために、良く回る台ではトコトン勝負して、戦利金を多くストックしておくことです。それで収支がプラスになればいいということです。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー