初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコにおける資金力の重要性-潤沢な資金が精神的余裕を生む

パチンコに勝つことばかり考えてはいないでしょうか?

パチンコに限らずギャンブルは資金力がモノをいう。毎日100円でパチンコをやるよりは月に一回3000円でやるほうが勝率が高いのは明らかです。

これはパチンコ含め他のギャンブルでも全く同じことが言えますし、株でも同様のことが言えます。

株で言えば、ちょっと株価が下がっただけで損するのが恐くて逃げてしまうのです。株はちょっとぐらい下がっただけで手放しては大きく稼げません。ある程度の期間は保有するぐらいのことが必要なのです。手持ち金がないとそれができない。逆に潤沢なお金があればちょっとぐらい株価が下がっても動じないはずです。

◆あぶく銭があると精神的余裕が生まれる

パチンコでも全く同様なことが言えます。例えばあぶく銭で1万円を得て、それをパチンコの軍資金にしたとしましょう。1万円までは負けてもトントンです。つまり損はないわけです。これがどれだけ精神的な余裕を生むかということです。これが非常に重要なのです。ちょっと負けたぐらいで逃げていてはギャンブルに勝つことなどできません。釘が甘ければトコトン粘ることによって収支をプラスにすることができるのです。それでもたまには負ける日もあるでしょうが、長期的なスパンで見れば勝率は上がります。

パチンコでやってはいけないことの一つに短時間での勝負の他に軍資金が少ないことなのです。

ある程度の予算を決める必要はありますが、あまりにも少ないと仕込んだ段階で軍資金切れとなり終了ともなりかねない。そして、次に座ったお客がジャンジャン出す。耐えられない光景であろう。

◆発想の転換が大事

私のパチンコに対する持論はいかに勝つかではなく、いかに負けないかである。軍資金を効率的に稼ぎ、得意の羽根物で確実に膨らませてからギャンブル性の高い機種を打つ。いわゆるIDパチンコです。ただし、今は羽根物といってもCR機と合体したようなものが主流になってしまったため、軍資金作りにはだいぶ苦労しています。

ところで私は軍資金はいつも10万円は持っていくようにしています。せっかく回る台で勝負していても軍資金切れになってしまっては途中で台を手放さざるを得ないからです。もちろん10万円全部使うことはあまりないですが、最近のパチンコ機は確率が辛くなってきているし、釘調整が甘い台もそうそうあるわけではないので10万円近く投資することも少なくなくなりました。

ただ、10万円といっても決して全部を働いたお金で賄っているわけではありません。カジノやネット懸賞などで稼いだポイントを現金に交換して軍資金としているのです。こうすれば、負けた時の痛みを最小限にできます。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー