初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パーソナルPCシステムでドル箱盗難もなくなる

サンドに現金を入れて玉を借りるスタイルからプリペイドカード対応のCR機になった時もセンセーショナルな印象がありましたが、依然としてドル箱盗難の危険はありました。

しかし、数年前にパーソナルPCシステムが開発された時は、CR機の登場よりもさらに先進的な印象を受けました。

まずは動画を見たほうがわかりやすいと思いますのでご覧ください。

パーソナルPCシステムについてはまずこちらも参考にしてください。

◆パーソナルPCシステムのメリット

このシステムだと、出玉を専用のカードに記録することでドル箱を積むということがなくなりますから、メリットがあります。

○ ドル箱盗難の危険がない(ただし、カード管理は必要)

○ ドル箱を積まないので爆裂しても嫉妬されない

○ 店員の負担が激減(腰痛解消? )、人件費削減が可能

○ 通路が広くなる(他人のドル箱を誤って蹴ることがなくなる)

○ 出玉の計算が容易になる(回転率が計算しやすい)

○ 台移動が楽にできる

◆パーソナルPCシステムのデメリット

しかし、デメリットもあります。

× ドル箱がないことで店側は優良店をアピールしにくい

× どのシマが出ているのか、客にとって判断しにくい

× 導入に一台15万~20万かかる

× 勝っても勝った気がしない

こんなところですが、メリットの方が多そうです。

◆カードが管理が重要

それとカード管理ですが、トイレや食事に行くときにカードを忘れたらどうなるのかということが疑問になるかと思うのですが、2010年9月に発表されたマースエンジニアリングの新型システム『パーソナルIV』ではセキュリティ面において強化されました。

■任意の暗証番号を設定・入力。暗証番号の入力がないとカード返却をできなくする「カード返却ロック機能」

■盗難発生時に遊技客の申し出により店側がカード返却や景品交換を不可にする「即時ロック機能」

■カードの取り忘れをスタッフが発見した場合にリモコン操作でカード返却を不可とする「盗難ガード機能」

このように3重のガードをかけています。

日本中のパチンコ店に浸透するにはまだまだ時間がかかりそうですが、安心して遊べるということはいいことですね。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー