パチンコ仲間を作る上でのポイント

パチンコで勝つためには情報通になることが重要なポイントですが、それにも限界があります。店が会員カードを発行していたり、ホームページでイベント情報を流していればそれで情報は取得できたりしますが、こういうサービスを行っていないところもまだあります。

そういう場合はやはり口コミっていうのが一番。その店によく行くような人と情報交換するのです。なかなかパチンコ店で知り合いを作るのは難しいですが、その人が勝っている時であれば上機嫌なハズ。その時に「パチンコお上手ですね~」とか言ってみたら話をしてくれるかもしれません。あくまで低姿勢でいること。これが重要。次にまた会ったら挨拶ぐらいすればだんだん打ち解けることができるかもしれません。

学校時代の友達とかでパチンコ好きな友達とかがいればそのような友達と情報交換するのが一番手っ取り早いですが、この際に注意することは情報をもらうだけでなく、こっちも情報を提供することです。情報をもらいっぱなしの調子のいいのもいたりします。

学校時代でもこういうような奴はいました。試験前になるとやたら人のノートを見せてくれ見せてくれと一方的に頼むような奴。普段はロクに勉強もせずに遊んでいるのに試験シーズンになると急に愛想が良くなります。それで何か美味しいような情報はこっちには一切流さない。

それでいい点を取って、また遊ぶ。ま、世渡りがうまいと言うのかどうかはわかりませんが、こういう人がいるのも事実です。

私に言わせれば、このような人とは付き合わないほうがいい。人間は持ちつ持たれつが大切。人から良くしてもらったらいつか恩返しするよう心掛けなければ本当の友達はできない。

パチンコで良い情報をもらったら、それ以上の情報を提供するよう心掛けること。良い情報を仕入れることが出来なかったら、その人がハマっているような時にでも、玉(紙コップ2杯ぐらい)やコーヒーの差し入れをするぐらいのことはして欲しいと思います。

こういう光景は実際に見たことがあります。数人のパチンコ仲間らしいのですが、親分タイプの人が大ハマリになっていると、弟子のような人たちが代わる代わる紙コップに満タンになった玉を補充しにくるのです。一匹狼の多いパチンコの世界で、このように助け合うことで生活している人々もいるようです。

ですからこっちがそれなりの誠意を示さなければ、相手は二度と情報をくれず、口も聞いてくれなくなってしまうでしょう。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー