初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコにおいてオヤジ打ちだけはしない-玉を節約しながら勝つ!

オヤジ打ちというのは玉の保留ランプが満タンの状態にもかかわらず、玉を打ち続けることです。あるいは、リーチがかかっているのに打ち続けることをいいます。

保留ランプはヘソ(中央チャッカー)に入るとランプが点灯するのですが、普通は最高4個(最近は8個も多い)です。つまり5個(9個)以上はヘソに入っても入賞玉は出ますが、大当たりの抽選は行いません。

horyuu

だから、保留満タンの状態で玉を打ち続けるのは大変意味のないことなのです。

保留ランプが満タンになったら打つのを一時停止するのが基本中の基本です。

それから、リーチ中にも手を離すことなく延々と打ち続けている人がいますが、これも確変の時を除いては完全に無駄になります。最近豪華デジパチはリーチ時間が非常に長いんですよ。長いものだと1分を超えるものもあります。1分あれば玉はかなり打てます。それが無駄になるのだというのだから見ていられない。私に言わせれば、資源の無駄とも言える行為です。

省エネ的なパチンコをすることで、軍資金を少しでも少なくすることができますし、大当たり後の持ち玉を長持ちさせることができるわけです。そういう細かいテクニックも積み上げていけばヤマとなるのです。

オヤジ打ちをしないのはパチンコでは基本中の基本なのです。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー