初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

奇抜なデザインだったフィーバーネプチューン

当時、非常に垢ぬけたデザインだったのがSANKYOのフィーバーネプチューンです。 大当り確率は1/205で完全ノーマルデジパチ。大当り出玉は約2200個。

深海をイメージした台はカラフルであり、今見ても先進的なデザインだと思います。

大当り有効ラインは5ライン。同時期に発売されたフィーバーウォーズとスペックは同じです。多彩なリーチでコマ送りリーチなどはじれったい動きをします。一旦停止したドラムが再び動き大当りになる二段階リーチなどもありました。

そして、深海竜巻リーチが出ると高確率で大当りです。これはドラムが回転しながらいつのまにか絵柄が揃いながら回転します。それがこの動画↓

ただし、アタッカーは9カウントだったので大当り出玉は約2200個と少ないのが欠点です。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー