初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコで波を読むことは可能か?波を読むことで勝てるのか

波は本当に読めるのか

 デジパチでは玉がスタートチャッカーに入った瞬間に大当たり判定用の乱数を拾っています。CR機の中にはその乱数の更新周期が一定で、かつ時間の長いものがあるので、そのような機種は体感器で狙えるが、ノーマルデジパチなどは乱数周期は0.5秒程度。玉の打ち出しが0.6秒に1発で、玉が釘に絡むことを考えると狙いようもない。
このことをしっかり理解していれば「台に波が仕組まれている」等の発想は絶対に出てこないハズです。このあとどういおう出方をするかは、当のコンピュータにだってわからないのだから。

「波」というのは、毎回公平な抽選の結果をグラフ化したものに過ぎない。そこには何の必然性もない。ただあるのは「確率○○○分の1で大当たり抽選をしている」という事実だけです。だから、過去の抽選結果を分析して将来の出方を予測することは、歴史を未来の教訓にするのとはまったく異なります。過去の抽選結果を分析して分かることは「この台の大当たり確率は○○○分の1程度で、確率抽選方式を採用しているであろう」という当たり前のことだけです。
ここでは一応、ノーマル基盤を前提としているが、裏モノだってほとんどが確率方式を採用しているので根本的にはノーマルと同じ理屈で良いでしょう。

ハマれば出るという理屈はどうして通用しないのか   「これだけハマったんだから爆発してくれてもいいじゃないか」ハマっているときはそう考えるのも無理はない。しかし、確率抽選方式においては、そのような法則性は全く無い。むろんハマった後に出ることはあるし、出ないこともあります。しかし、このことを理解している人は少ない。
確率内で当たる確率は右下の公式によれば約63%。

この公式を前提に考えると、
 今当たったばかりの台の場合
 200回転以内に当たる確率は・・・・63%
 400回転以上ハマる確率は・・・・・・13%

 1000回ハマった台の場合
 1200回転以内に当たる確率・・・・63%
 1400回転以上ハマる確率・・・・・・13%

これは大当たり直後でも千回ハマった後でも全く同じということ。つまり今当たったばかりの台でも3回に2回は確率ないで当たることになるし、逆に、確率の3倍ハマった台ならば3回に1回は4倍ハマリに発展するということだ。確率の10倍ハマった台ならば3回に1回は11倍ハマリになります。ということはどちらも同じことなので、回る台を打とう!

当サイトメインコンテンツ
ギャンブルの還元率ランキング
ギャンブルをやる上で、還元率を把握することは非常に重要。勝ち目のない宝くじやロトばかりやっていてはダメ。
確率収束論
ギャンブルは確率のゲーム。確率の理屈がわかれば、冷静にパチンコなどのギャンブルに向き合うことができます。
パチンコ初心者の打ち方
パチンコ初心者向けにパチンコの打ち方を説明。玉の借り方、確率変動、出玉の交換、景品交換などについてわかりやすく解説しました。
パチンコ店の選び方
パチンコに勝つためにはまずは店選びから。ロケーション、時季、経営形態など様々な角度から優良店を探します。
デジタル機の釘読み羽根物の釘読み
パチンコの釘読みを図解入りで解説しました。 パチンコはいまだに釘読みが重要。初心者の方でも理屈さえ覚えれば後は場数をこなすだけです。
パチンコ軍資金の稼ぎ方
ギャンブルは軍資金がどれだけあるかによって勝ち負けを左右するほど重要です。管理人がやっている稼ぎ方を惜しげもなく公開しています。
ギャンブル運を上げる風水
パチンコで勝つには運も重要。風水やグッズなどをご紹介!今日のギャンブル運占いや吉方位判定ツールもあるよ!
パチンコ景品交換時の端数自動計算ツール
玉数と特殊景品の単位を入力するだけで端数を自動計算できます。景品交換時の便利ツールです。

関連記事

カテゴリー