初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

釘調整のポイント(羽根物編)-ネカセ

実はこれまで解説した釘調整がどんなにプラス調整でもネカセによって全てが台無しになります。パチンコ店で台を設置する時に、必ず傾斜計などで測って取り付けます。機種によっては、これがVゾーンなどへの入賞率に大きな影響を与えてしまいます。

まずは、下の図1を見てください。この図はパチンコの盤面を真横から見た場合です。パチンコ台を寝かせた場合、パチンコ玉は盤面にヘバりつきながら盤面を移動することになります。

nekase2

図1

次に図2を見てください。この図はパチンコの盤面を上から覗きこんだ図です。この図を見ると玉は広いAよりも狭いBを通ることが多くなるということです。理由は盤面にヘバリつきながら落ちてくるからです。図を見てわかると思いますが、この状態だと玉が釘に引っかかりやすく、Vゾーン(ヘソ)に入りにくくなってしまうのです。下の図はわかりやすくするために極端に釘を動かしてますが、理屈はそんなもんだと思っておいてください。

nekase図2

ネカセによって上向きだと思った釘は実は上向きに見えるだけで現実は水平だったなんてことがあります。その逆もしかり。

また、中央ステージがあるような羽根物では、ステージに転がってきた玉の滞留時間が長いとVゾーンに入りにくくなったりします。ネカセ次第でこの滞留時間を調整できるわけです。

理想としては、寄り道することなく真っ直ぐにVゾーンに向かう台がいいでしょう。

チャッカーや寄り釘、羽根周辺が良くても、ネカセで中央ステージでVゾーンを外してばかりいると非常にイライラして精神衛生上良くありません。

ネカセを調べるには百円ライターが活躍します。ライターをガラスにつけて中の液体の傾き具合でネカセを見るのです。ちょっと恥ずかしいが、やってみましょう。

大変お疲れ様でした

以上で、簡単ではありますが、羽根物の釘読みの説明になります。この他にもデジタル機の釘読みやパチンコ店の選び方についてコンテンツをご用意してありますので宜しければご覧ください。

navigation_back2

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー