センターチャッカー付近のポイント-羽根物の釘読み講座

ここではセンターチャッカーと呼びますが、ダブルチャッカーとも呼ばれます。

ここに入賞すると、2回羽根が開閉するタイプがほとんどです。ここに入賞すると、玉の持続性とVゾーンの入賞のチャンスも多くなるので、開いていたらねらい目になる部分です。 羽根が二回連続で開いてくれるので入るとすごく嬉しいのですが、ここが入りやすいと羽根付近の釘調整にもよりますが、かなり勝率がアップしてしまいますので店としてはほとんどいじらないか、逆にシメているところが多いのが現実です。

hane1-5どういう調整がいいのかぐらいは知っておいた方がいいでしょう。
理屈で考えれば簡単。玉はHFの間からGの釘(左右)を抜けてチャッカーに入るのでその道が広くなる調整がベストということになります。  具体的には、Fの釘が上向、Hの釘が下向き、そしてGの釘が左右に開いていれば最高。この中では特にFの釘に拘りたいところ。このFの釘を上げるだけでも入賞率はかなり高まります。Hの釘はその次に重要で、ここを上げられると厳しくなります。

私の経験ですと、センターチャッカーを開けてる店はほとんど見たことがありません。ここを開けて、羽根周辺の釘を厳しくするような店もありました。羽根物は羽根周辺とストレートチャッカーだけをいじる店が圧倒的に多かったので、その辺りを重点的に見ておけばいいと思います。センターチャッカーが開いていたらとりあえずは台を確保しておきましょう。

navigation_back2navigation_next2

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー