時間のない時に低確率の台には手を出さない

人と待ち合わせなどしている時で少しばかり時間がある時などがそうなのですが、こういう時は低確率の機種には手を出さないのが無難です。

各機種の確率をあまり意識しないでプレイしている人が結構多いような気がします。とにかく、パチンコは早めに確率を収束させることが非常に重要なわけですから少しでも当たりやすい台を選び、長時間打つべきなのです。

ただ、確率が甘い機種でも釘が辛かったりしたら意味がありません。逆に確率が多少辛くても釘が甘ければ狙い目です。

できたら、羽根物とか甘デジとか初当たり確率が低いものがいいのですが、設置店が少ないこともあったりしますし、基本的にこれらはローリスク、ローリターンなわけですから大勝ちすることはできません。

こういったもので軍資金を稼いでから時間のあるときに通常のデジパチで勝負するといったスタンスがいいのではないのでしょうか。

しかし、時間が限られていると言っても、やはり限度があります。
30分とか1時間とかではやらないほうがマシ。最低3時間は欲しいです。せっかく当たっても、残りは数十分では、確変でも引くか、初当たりがよほど早く来てないかでなければプラスにすることが難しくなるからです。たまには短時間で勝つこともあるかもしれませんが、これは間違った成功体験です。

味をしめて、また短時間の勝負をした場合、痛い目にあう確率が高いでしょう。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー