パチンコ台の傾斜と釘調整-見落としがちな調整ポイントを伝授!

パチンコ店で台を設置する時に、必ず傾斜計などで測って取り付けます。機種によっては、これがVゾーンなどへの入賞率に大きな影響を与えてしまいます。

まずは、下の図1を見てください。この図はパチンコの盤面を真横から見た場合です。パチンコ台を寝かせた場合、パチンコ玉は盤面にヘバりつきながら盤面を移動することになります。

nekase2図1

次に図2を見てください。この図はパチンコの盤面を上から覗きこんだ図です。

図2

この図を見ると玉は広いAよりも狭いBを通ることが多くなるということです。理由は盤面にヘバリつきながら落ちてくるからです。

図を見てわかると思いますが、この状態だと玉が釘に引っかかりやすく、Vゾーン(ヘソ)に入りにくくなってしまうのです。図2はわかりやすくするために極端に釘を動かしてますが、理屈はそんなもんだと思っておいてください。

◆ネカセによって入賞率が変わる

このように釘調整だけでなく、台を寝かせることでも入賞率を変えることもできるわけです。

また、釘が上向きであると思っていたら、ネカセによって現実は水平なんてことがよくあります。これも嫌らしいテクニックです。釘が上向きだと玉の勢いを殺す作用がありますから、釘によっては入勝率が良くなることがあるのです。そうなると勝てそうで勝てないという現象が出るのです。

◆ネカセの見抜き方

このネカセの見抜き方は台の上部と最下部の差を確認することでありますが、傾斜計というものがキーホルダーで売られています。これを使っても良いのですが、最も手軽なのは100円ライターを盤面に押し当てて中のオイルで傾斜を判断するのが良いでしょう。

ちょっと恥ずかしいものがあるのですが、やってみる価値はあります。羽根物で出そうで出ない台というのはかなり精神衛生上悪いので。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー