初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

ついに景品数をごまかすパチンコ店の店員が出てきた!

大手チェーン店ではあまりない話ですが、地方の中小のパチンコ店の一部で景品の数をごまかされることが少なからず発生しているという。

レシートに記載されている玉数を見れば、ちょっとパチンコをやっている人ならば景品が何枚貰えるかはわかるはず。

それにもかかわらず、ピンハネして渡しているのです。端数をヤクルトや缶コーヒーなどに交換せず流してしまう店員はどこにでもいるが、景品自体を少なくするのは極めて悪質。

しかし、文句を言うものなら事務所から強面の店員が出てきて無言の圧力をかけることもあるらしい。また、最初からカウンター店員を強面の者にまかせる店もあります。

ちょっと気の弱い人ならば言いなりだ。しかし、気性の激しい人でも文句を言えば睨みを利かせるという。地方の中小のパチンコ店の一部ではこんなことが日常茶飯事で行われています。今や特殊景品ならば大1枚5000円の時代。もちろん、ごまかすのは数万円、10万円超えの客が対象であろう。2~3万円勝って、5千円ピンハネされたらあまりにも露骨すぎる。

私も小さい店には不快な思いはさせられた。大当たりを出せば後ろで舌打ちされたり、椅子をわざとらしく軽く蹴っ飛ばされたり、空箱が欲しくて店員を呼び出しても無視されたりなど。こういうこと考えると大手のほうがまだマシな気がしますね。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー