初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

リーチがかかりやすい台の盲点

リーチが全然かからないと当たる気がしませんよね。やはりリーチが頻繁にかかってくるともうすぐ当たるんじゃないかって期待もあり、精神衛生上もいいです。

しかし、よく考えてみて下さい。パチンコは玉がチャッカーに入った時点で抽選はすでに行われている以上、リーチがかかっていてもその時点ではアタリかハズレかは決定しているのです。

一方、パチンコで勝つには一日にどれだけ多く回せるかが重要なポイントとなります。ですから、リーチが短い台とかが有利になるわけですね。そう考えると、リーチばっかりかかる台というのは一日の回転数が減ってしまうのです。特にリーチが長い台になるとさらに条件が悪くなります。

結局、リーチがかかりやすい台というのは当たりやすそうで、実は勝ちにくい台になっていることもあるのです。つまり、大当り確率の波がいい時ならば、リーチが多いのは結構なことですが、確率の波が下降状態にある場合では、リーチが多くてもあまり意味がないということです。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー