初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

釘調整のポイント(デジパチ編)-ジャンプ釘

ヘソ釘の斜め下方向にあるのがジャンプ釘です。図の通りです。

jump

風車付近から道釘を経由してヘソに入る最後の関門です。ここの釘も結構重要です。

ちなみなぜジャンプ釘と言うかというと、このジャンプ釘に当たった玉が跳ねてヘソに届く働きがあるからです。

個人的にはジャンプ釘ほど曲者の釘はないと思っています

この釘に次第は、他が開いていてもヘソに入らないことがあるからです。

◆ジャンプ釘は上げ過ぎも下げ過ぎもダメ

基本的に上げ釘内寄せ調整が良いのですが、ゲージ構成によっても異なります。

ただ、この釘が上げすぎだと壁となって玉がブロックされてしまい、ヘソに届かないことがあるので適度な調整であることが望まれるでしょう。

逆に下げられてしまうとヘソに届かずにジャンプ釘と命釘の間から玉がポロポロと落ちてしまいます。

ここで注意したいのがネカセです。ジャンプ釘が上げ釘のように見えても台のネカセによって錯覚をおこすことがあるということ。

台の上部を手前に出すようにネカセの調整を行えば、上げ釘でも水平に見えたりする。この辺を初心者が見分けるのは厳しいですが一応覚えておいてください。

◆店での調整

店はジャンプ釘は右側だけいじる店が多いです。なので左側の釘と比較することでジャンプ釘がプラス調整になっているか、マイナス調整になっているかがわかる場合もあります。

ちなみに、ジャンプ釘と命釘の高さにそれほど差がなければ、特に上向きである必要もなくノーマル調整で十分です。

台の作りにもよりますが、ジャンプ釘の調整によっては玉がステージ上に乗りやすくなることがあり、そのステージからヘソに入るというルートをたどることもあります。ジャンプ釘→ヘソというルートだけでなく、ジャンプ釘→ステージ→ヘソというルートもあるということです。その辺も含めて釘調整と玉の動きを見極めることが上級者への道と言えるでしょう。

navigation_back2navigation_next2
こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー