パチンコは勝てる時に大きく勝ち、損失分を補てんすることで収支をプラスにする

株と同じなのですが、ギャンブルであるパチンコも勝てる時に大きく勝ち、負けた時の損失補てんし、トータル収支をプラスにします。つまり、常に勝てるわけではないわけです。

パチンコは確率のゲームである以上、勝率10割を達成することは100%不可能です。常に釘が良い台、つまり回る台を売っても確率の波が悪かったりすると規定の確率の何倍もになってしまいます。

つまりハマリです。

こうなると、回る台で一日打っていても勝てないことになるわけです。パチンコを一年中打っていればこうしたハマリは日常茶飯事的に経験します。

しかし、釘がいい台を打っていればトータルではプラスになるのです。ですから負けた分を補てんするためには勝てる時に大勝ちする必要があるわけです。

ちょっと勝ったぐらいでハマリが恐いからと言って退散していてはトータルでプラスにすることは極めて難しくなるでしょう。回る台を確保できたらできるだけ長く打つのが鉄則です。

それでも負けることもあるでしょうが、そういうスタンスで続けているとトータルでは収支はプラスになるのです。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー