ホール経営の盲点をつく

パチンコの基本は良く回る台を長時間打つこと。打ち続けることです。こうすることによって利益を出すゲームです。パチンコは確率のゲームである以上、確率の波があります。つまり、連荘もあれば、ハマリもあるということです。

しかし、最近のパチンコは等価交換が増えてきました。店の負担も増えるわけです。だから、釘が渋い傾向にあるのです。店選びの重要性をこのサイトでは何度も説明していますが、優良店を探すのも楽ではありません。昔に比べてかなりハードルの高い作業になるでしょう。

こうなると、正攻法では難しくなるのが現状です。とくにパチンコを始めて間もない方や全然勝てない方。こうした方が存在するのも事実です。逆にこうした負け組の方がいるからこそ勝ち組があり、店舗の経営が成り立つのでしょう。

これからは正攻法にプラスしてホール経営の盲点をつく戦略というものが必要になってくるでしょう。いや、もうその時代に入っていると言ってもいいかもしれません。 現在のパチンコの大当たり確率はかなり厳しいものがあります。いくら回る台だからと言っても単発当たりばかり出ていてはとても勝つことはできません。連荘がそこそこ出てこそ、ハマリにも耐えられるのです。これは皆さんもよくご存知のことだと思います。

ということは連荘しやすい台を見分けることができれば勝率もアップするというわけです。しかし、そんなことは素人では判別できるわけはありません。絶対に無理なのです。

そういった、連荘しやすい台や高設定シマ・好調ロム・出る時間帯・好調グループ。 これらの条件をより多く満たしたタイミングで打ちこむことでパチンコの勝率を有利にすることができます。これは釘読みや店選びなどの正攻法ではどうにもならない部分なのです。

こうしたホールの経営の盲点をつくテクニックを正攻法と合わせることで次第にパチンコの勝率をアップさせることができるのです。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー