ボーダーライン理論の限界

最近のホールの釘の状態は尋常ではありません。昔のように釘師がホールを回って叩く時代ではなく、店長や主任クラスが見よう見真似で叩いています。

特に修行をしたというわけではないので、超ド下手。だから回らない。

パチンコはボーダーラインを上回る台を打つことが勝つためのポイントですが、これではボーダーラインどころか、1000円で2~3回ぐらいしか回らないクソ台ばかりになってしまいます。

このような台では保留満タンなどは全くなく、オヤジ打ちという概念すら無用になってきてしまうのです。

あまりにも回らない台が多くなってきている昨今では、ボーダーライン理論も机上の空論にすぎなくなってきています。ボーダーライン理論はあくまで長期的な理論です。

確率が一日で収束するとは限らない以上、回らない台ではボーダーライン理論には限界がきてしまいます。

今後は今まで以上に確率の波を意識したうち方が重要になってくるのではないでしょうか。

データロボ設置店であれば、数日分の大当たり回数をグラフ化したものが見れますので、右肩上がりではあれば好調台、右肩下がりであれば不調台と判断し、これを台選びの参考にするのです。

もちろん、波が良くてもある程度は回らなくてはいけません。

こんな記事も読まれてます

当サイトメインコンテンツ

当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

カテゴリー