初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

ホールが出すときだけ渡り歩く

ホールが出すときだけを見極めて渡り歩く。釘が閉まったら他のホールを探し、新装開店があればそこに出向く。

オイシイところだけつまみ食いするお客はホールからは嫌われる傾向がありますが、別に法律に触れるわけでもないし全然問題ありません。

金の切れ目がホールとの縁の切れ目です。

安い商品を求めてスーパーを渡り歩くようなものです。

主婦のような感覚が必要でしょう。

なんでもそうですが、優れたものというのは比較することでわかるのです。

パチンコ店が1店しかなければ、そこが優良店かボッタクリ店かわかりません。

しかし、ライバル店が多数存在することで優良店の良さが浮き立つわけです。 ホールをいっぱい周りましょう。

色んなホールをみて、客付き、イベント、台数、釘調整などを研究し比較するのです。

できることなら違う環境の店を色々と回るべきです。駅前店、郊外店、激戦区、チェーン店、単独店などなど。パチンコ店は電気代や人件費、広告代、土地賃借料など色々な経費がかかりますから、そういう経費がなるべく低いほうがお客に還元できる可能性が高いからです。

このような几帳面さが勝率をアップさせるのです。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー