初心者向けにパチンコの店選びから釘読みまで様々な視点でパチンコを勝利に導きます

パチンコ店同士の潰し合い-仁義なき戦い

パチンコ業界では店同士の潰し合いが熾烈です。

大型駐車場完備、パチンコ台の膨大な設置数、充実した施設を誇る大手のパチンコ店が郊外に進出したのなら、それまであった中小のパチンコ店はあっという間にお客を取られてしまいます。死活問題なわけです。

大手の出店計画があるものなら不動産屋に圧力をかけて土地を売らせないとか、出店してしまったら、ガラの悪い男を雇って出向かせ、その店の雰囲気を一気に悪くしてしまい、他のお客を寄せ付けないように妨害するなどします。

よくあるのが出店地域に近くに診療所などを開業させるケース。風営法では病院や福祉施設などの一定の距離以内には営業を許可していない。 こういった法令をたくみに利用して、診療所などを開業させることで妨害しているのだそう。しかし、こうした妨害は訴訟ではほとんどが負けるらしい。

そして、妨害した期間の営業利益を損害賠償として請求されるのです。

妨害する方も、命がけであり、やるかやれるかの瀬戸際の戦いとなっています。お客としては、大手チェーン店が出店後、中小ホールとの還元率争いのようなものを見たいものです。中小ホールは苦肉の策として、カバン屋にハウスモノを作らせ、爆裂機を店に忍ばせるなど、風営法に抵触することを覚悟の上で営業しているところもあるとか。

こんな記事も読まれてます
当サイトメインコンテンツ
当サイトイチオシのコンテンツはこちらからご覧頂けます

関連記事




カテゴリー